読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

クーラーメーカーの各社の特徴をざっと紹介です

 

f:id:rainha-rie10:20170426153043j:plain

ついこの前までは暖房を入れていたのに。あっという間に暖かくなって、家ではそうではなくても暑い日の日中などは車のクーラーを入れたりしています。夏の間にお世話になったクーラーですが。

 

電気代の値上げや、使い方によっては古いクーラーだと余計に経費がかかってしまうこともありますね。これからクーラーを買い換えようとするときに、どんなクーラーを選んだらいいのか悩みませんか。

 

さまざまな機能を備えたクーラーが販売されています。どれにしようか悩むところです。クーラーを購入する時には各メーカーの特徴を比較しておくことが重要です。 もちろん、明確な差があるわけではありません。

 

各メーカーは自社独自の機能を盛り込んでいますが、実際に使用する時には部屋の広さや使い方によって違いがあるからです。

 

各社の特徴をざっとですが紹介しましょう。

それらを比較して、最終的な判断は自分でやらなければなりません。

 

東芝は空気清浄機能が特徴です。 高い省エネ効果と空気清浄機能で部屋の環境に合わせた無駄のない運転を実現しています。 どうしても部屋を閉め切ることが多くなりますから、空気清浄機能は大きなメリットと言えるでしょう。

 

シャープのクーラーは気流にこだわっています。 夏は上から冷たい風が降り注ぎますし、冬は足元から暖かい風が出てきます。

 

独自技術であるプラズマクラスターはすべての機種に搭載されています。 部屋の環境を整えながら、冷暖房を実現しています。 こだわりの機能と言えるでしょう。

 

市場での高いシェアはパナソニックです。 お客様に対する快適性を追求しているメーカーです。 すべての機種に新しい冷媒を採用していて、環境面に配慮した製品となっています。 センサーによって電力の無駄を検出します。 自動的に省エネ運転を実現するのです。

 

日立の特徴はステンレス製の筐体です。 清潔さとお手入れのしやすさを追求した商品です。 カメラによって温度と人の動きを察知し、無駄のない効率的な冷暖房を実現します。

 

ダイキンは日本だけではなく、世界の空調機器を取り合っているメーカーです。HPなどで各社の特徴を見てみましょう。

 

それぞれの特徴を見極めて、購入を検討してみてはいかがでしょう。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/