読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

家計にやさしいリフォームの相談の仕方について

f:id:rainha-rie10:20170411114802j:plain

どこの地域でも週末になると、各地で開催されるリフォーム相談会。いろいろ見てしまうと夢が広がり、教育資金や老後資金の準備も不十分なまま相談の場で契約、という方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、家計にやさしいリフォームの相談の仕方についてお話します。

 

☆「いくらなら返せるか」を考えた資金計画の相談を

家計にやさしいリフォーム相談の基本は「どれだけ借りられるか」ではなく「いくらなら返せるか」を考えて資金計画を立てることです。

 

ここはしっかり手綱を締めて相談の席に着きましょう。 借りられるお金の目安として、ちまたには多種多様な計算式が存在します。でもね、これらは夫婦の年齢と年齢差や子どもの年齢と年齢差、年収、貯蓄額、家族構成によってさまざま。

 

あくまでも目安として考えて相談すべきでしょう。 実際に建て替えやリフォームの相談を受けてアドバイスをしている立場からいうと、資金計画の考え方は「返済総額=無理なく返し続けられる金額×無理なく返し続けられる期間」といたってシンプルなのです。

 

ポイントとしては、返し「続けられる」ということを相談の際に強調しています。無理なく返し続けられる金額とは、例えば建て替えであれば。

①現在支払っている家賃や駐車場代、プラス家づくりのために毎月積み立てている金額②住宅購入後の維持にかかる費用(固定資産税、都市計画税、リフォーム費用の積み立て) とを合わせたもの。

 

無理なく返し続けられる期間とは、30歳で住宅購入して60歳の定年までに支払い終えたいとすれば、30年になります。 「いい家づくり」「満足度の高いリフォーム」とは、スタイリッシュに建てることや、機能的な空間を手に入れる以前に、そこで暮らす毎日が充実していること。

 

つまり家族の「人生の質」が向上することが相談に対する結論です。 当然のことながら、子どもの教育資金や夫婦の老後資金にも目配りしなければならないことも相談の場で伝えます。

 

☆家族の出来事に応じて操作できる住宅資金

大きな金額である住宅ローンやリフォームローンには長所があります。人生の三大資金である「住宅資金」「教育資金」「老後資金」のうち、教育資金と老後資金は、その金額や時期を動かすことはできません。

 

住宅資金だけは、自分で金額を設定し、返済額と期間を選ぶことができるのです。たくさん借りればたくさん返さなければならないのはもちろんですが、無理なく返し続けられる金額を相談の場で把握しておけば、そんなに怖がることはありません。

 

ローンはライフイベント(家族の出来事)に応じて変動金利や固定金利を選択したり、余裕ができたら繰り上げ返済をして返済期間を短くすることができます。つまり、知恵を働かせて「操作する」余地があるのが魅力です。

 

週末にリフォーム相談会などに行かれる時には、こうしたローンの特徴をよく理解しておくといいですね。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/