子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

住まいにリフォームを加える場合[ リフォームローンのメリット・デメリットについて ]

f:id:rainha-rie10:20161113142314j:plain

住まいにリフォームを加える場合[ リフォームローンのメリット・デメリットについて ]

住まいにリフォームを加えるとなると多額の費用がかかってきますよね。そんな時に便利でオススメしたいのがリフォームローンです。他のローンよりは条件面で良いとは言われていてもやっぱりローンですのでメリット・デメリットが存在します。

 

そのために条件がいいからと言って簡単に手を出さない様にする事も大切になります。ここでリフォームローンのメリット・デメリットを挙げてみたいと思います。リフォームローンは業者で紹介してくれる場合が多いです。

 

はじめから予算をきめて、リフォームローンを自分で申し込む人も増えていますが、手続きや方法など、分からない場合は一度業者に相談してから金融機関に相談に行くといいでしょう。

 

先ずはメリットですが、リフォームローンは他の通常のローンと比較して金融機関によって担保が無くても借りることが可能です。更に金利もかなり低いですので返済の負担が軽減されるメリットがあります。

 

更に審査に対しても一般の住宅ローンほどの厳しさは無い為に、比較的審査が通りやすいというメリットがあります。そして返済期間も10年からと長期間返済が出来る様になっているので、月々の生活費に支障を出さずに返して行く事が可能です。

 

対してデメリットですが、担保がある場合は金利が安いというメリットがある反面、申込時の諸費用があるというデメリットがあります。担保が不要の場合は、諸費用が不要というメリットはありますが、返済期限が短めに設定されている事と、融資する為の限度額も担保ありと比較して低めに設定されているというデメリットがあります。

 

銀行などの窓口ではリフォームローンの相談も受けています。必要書類や申込方法なども相談できます。事前に下調べができる場合は書類等を取り寄せて、ある程度の知識を備えていると、準備がスムーズにできますね。

 

自分で申込に行く前にリフォームする業者によく相談して、見積書なども用意してもらいましょう。そしてメリットやデメリットをよく検討してリフォームローンを組むようにしていってほしいです。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/