読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

中古マンションのローンを払えなくなったらどうする?

f:id:rainha-rie10:20161111145753j:plain

中古マンションのローンを払えなくなったらどうする?

中古マンションの売買は盛んに行なわれていますが、その物件の多くは任意売却や競売に出されているものが多いです。 住宅を購入してローンを組んだけれど、景気が悪くなって返済ができなくなってしまう人は少なくないのです。

 

任意売却の場合、債権者と債務者の間で売却が合意されており、売却価格は競売よりも高いですが、一般市場の 2〜 3割減と考えていいでしょう。 任意売却の場合は債務者が直接手続きをする必要があります。

 

なので、その流れを理解しておく必要があります。 手続きの流れをちゃんとわかっている人は少ないので、そのため差し押さえられて競売になってしまう例もあります。 もちろん、自分の家を手放したくないと考える気持ちは理解できます。

 

現実的には返済ができなくなってしまった場合は、任意売却という方法をとるわけです。 中古マンション市場が盛んになっていることは、住宅を購入しようとする人が多いと言うことと、手放す人が多いことを意味しています。

 

市場が活気づけば、経済的効果は期待できます。 あなたがどの立場で中古市場を見ているか。売りたいのか、買いたいのか。その流れを知っておくことはイザとなった時に無駄にならないはずです。

 

経済の状況を把握することで、安くて良質な物件を手に入れられるかもしれません。 競売の場合は落札によって購入することになりますが、物件の詳しい情報は提供されません。

 

そのため競売には当たりはずれがあります。 業界で働いていたなど、なれている人はいいですが、個人で競売に参加するのは難しいのです。 そのため専門業者がたくさん参加することになります。

 

中古マンションや中古住宅を手放すことになったら、インターネットなどでも相場が調べられますから、しっかり調査して売買契約後に「しまった!!」ということがないように情報収集をしっかりとおこないましょう。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/