読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

せっかくオシャレにしても原状回復しなくちゃ〜な賃貸に物申す〜。

空き家問題について 新潟リフォーム@つぶやき 住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リフォーム リノベーション マンション DIYを楽しもう

f:id:rainha-rie10:20170206213351j:plain

これまで何度か「新築よりも中古」「新しいモノよりもリノベーション」をおすすめしてきました。その理由についてもお話してきています。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

 

では、あなたが賃貸物件を探していた場合。そしてリノベーションされた賃貸物件を見るときにはどんなことに注意して見ていけばいいのでしょうか。

 

リノベーションされた賃貸物件を見るときにはクロス、床、お風呂、キッチンなど設備面をチェックするといいでしょう。 さらにその先、リノベーションの際に使われている材料についてもチェックしてみるといいと思います。

 

住宅に使われる材料には、「老いる」材料、「汚れる」材料があると言われています。 「汚れる」というのは使っていて汚くなるということ、しかし「老いる」というのは経年変化することです。

 

経年変化(経年劣化ともいいます)することで、味わいや艶が出てきて美しくなる材料も存在します。 例えば床がフローリングの賃貸物件の場合、ウレタンコーティングされたものなのか、無垢材のフローリングなのかチェックしてみましょう。

 

一般的に賃貸物件ではウレタンコーティングのものが多いでしょう。 しかし最近ではリノベーションして高級感を出して無垢のフローリングにしている部屋も増えています。

 

無垢材は自然の風合いを残しつつ、経年変化して次第にいい色合いになっていきます。 長く使い続けたいと思う場合、無垢の床材を選んだ方がいいでしょう。 賃貸物件では、退去するときに原状回復することが基本となっています。

 

いろいろ自分でもDIYでリノベーションして、せっかく思い通りの部屋にしても、賃貸物件ではいまだに原状回復しないと、大家さんも不動産屋さんも認めてはくれません。

 

これは日本の文化のようなもので、海外ではほとんどありません。 原状回復することで、きれいになって次に借りる人も気持ち良く借りられるという考えもあります。

 

しかしそのためにどうせ張り替えるからと安い材料を使い、住む人も汚れを気にせず、ただ単に部屋に帰って寝るだけ。部屋に愛着も持たずに住むことになるのです。

 

汚れたところはきれいにするべきですが、いいものはいい、そのまま使い続けられる部分があってもいいのではないでしょうか。(わたしが大家ならそう思います)

 

賃貸でも自分が住む場所に愛着を持つことができるように、長く使い続けることができるように、汚れるのではなく老いる材料を使っているこだわりの家を探してみるのもいいのではないでしょうか。

 こちらもどうぞ。ご参考までに〜。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/