読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

マンションと一戸建てのリノベーションってどう違うの?

住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リフォーム マンション

f:id:rainha-rie10:20160715112111j:plain

マンションと一戸建てのリノベーションってどう違うの?

 

マンションと一戸建てのリノベーション

不動産会社のマンション物件を探してみると、リノベーションマンションが多いことに気づきませんか。 最近は新築マンションよりもリノベーションマンションが注目されているのです。

 

中古マンションであれば、すでに多くの人が住んでいるのですから、構造上の問題などはないと考えていいでしょう。 つまりリスク回避ができるのです。 マンション購入で一番心配なのは、購入後に発生するトラブルです。

 

建ててしまったマンションの工事をやり直すことはできません。 中古マンションとしての実績があれば、何も心配する必要はないのです。(絶対ではありませんが) 中古マンションを取り壊して、新しいマンションを建てることは可能です。

 

しかし、そんな時代は終わったのです。 これからは環境保護をメインにしたビジネスが注目されるでしょう。 不動産業界もエコなマンションを積極的に販売するようになりました。

 

リノベーションが特別に優れた方法ということではありません。 新築の方がいいに決まっています。 しかし、それは時代の要請ではないのです。 日本にマンションができたのはこの数十年です。

 

一戸建てをリノベーションする人もいます。 壊さずに骨組みを活用するのです。 骨組みを残していても、間取りを変えることはできます。 マンションと一戸建てで考え方が違うわけではありません。

 

不動産会社が販売しているリノベーション物件を探してみましょう。 もちろん、都心部と地方ではマンションの価格が違いますね。 単純に価格だけで判断できることではありません。中古マンションや一戸建てで、どのようなリノベーションができるか検討してみましょう。

 

不動産会社とリノベーション

マンションのリノベーションは投資的な不動産と考えられるようになってきました。 不動産会社が積極的にリノベーションを取り上げるようになったのです。 これまでは中古マンションは価格を安くするだけでした。

 

その分内部の傷みも進んでいきます。 マンションの給排水設備や電気、ガスを含めた改修がリノベーションと考えられています。 もちろん、手を加えることは可能ですが、それ以外の部分もいろいろと変更するのです。

 

特に最新の設備を取り込むことで、新築マンションと同じレベルの住環境を提供することができます。 不動産会社は中古マンションを安く販売するのではなく、リノベーションして価格を上げるのです。

 

それでも新築マンションよりも安くなりますから、買い手はすぐに現れることでしょう。 リノベーションをするにしても、その内容が重要となります。 買い手の自由に任せることもできます。

 

いくつかの選択肢を提供して、その中から選んでもらう方法がいいでしょう。 価格も決めておくのです。 それが定額制のセミオーダーです。 不動産会社はリノベーションを進めています。

 

どの程度の費用が掛かるのか分かりにくいでしょう。 それを定額制にすることで、比較的簡単に費用を算出することができるのです。 もちろん、リノベーション対象となるマンションの構造によって費用は変動します。

 

その費用を定額制として吸収することができるのです。 実際の工事は施工業者が行いますから、その技術レベルが重要となりますね。弊社も中古マンションのリノベーションを行っています。お気軽にお声掛け下さいね。

 このつづきは次回に〜

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com 

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/