子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

マンションのリノベーションの内容を考えるポイント

f:id:rainha-rie10:20160714131702j:plain

マンションのリノベーションの内容を考えるポイント

 

マンションのリノベーションを考える

リノベーションを考えたマンション選びが注目されるようになってきました。 新築マンションにこだわる必要がないと思う人が増えてきたのです。 新築マンション施工ミスが問題化するケースも少なくありません。

 

中古マンションであれば、施工の状況が見えてくるのです。 リスク回避のために中古マンションを選ぶ方がいいと思うのです。 ただ、古いだけではだめなのです。 そこでリノベーションとなります。

 

リノベーションはマンションの全体を変えるのではなく、内装を全面的に見直す施工方法になります。 リフォームと明確な区別があるわけではありません。 一般的にはリフォームよりも踏み込んだ改修がリノベーションと考えられています。

 

いずれにしても、少ない費用ではできないです。 リノベーションローンの制度もあります。 マンションを取り壊すのではなく、リノベーションによって蘇らせることで廃棄物の発生を抑えることができます。

 

リノベーションは時代の流れなのです。 中古マンションを探す時のポイントは共用部分だと言われています。 自分の敷地内はしっかりと掃除しているとしても、共用部分は管理組合の管轄です。

 

管理組合がしっかりと機能していれば、掃除が行き届いているのです。 掲示板などもチェックしましょう。 古い貼り紙がいつまでも貼ってある場合は、要注意ですね。 蛍光灯が切れていることもあるでしょう。

 

 

エレベーターや階段や廊下などの清掃についてもチェックしてみておくといいでしょう。管理組合の機能がそこで知ることが出来ます。マンションのリノベーションをすれば、そこで長く暮らすことになります。 住みやすさを確認するのです。

 

マンションのリノベーションの内容

中古をリノベーションすることで、ほぼ新しいマンションとなります。 これはマンションの骨組みは長期間丈夫に保つものなのですが、内装や水回りが傷んでくるのです。 壁紙を張り替えるだけで済む場合もありますが、壁を塗り替えることになります。

 

どこまでするかは費用にかかわってきます。 中古マンションの構造は大きく分けると2種類になります。 壁で強度を保っているタイプと柱で強度を持たせている構造です。 前者の場合、壁を取り除くことはできません。

 

リノベーションに制約が出てくることになるのです。 水回りの自由度がないケースもあります。 もちろん、リノベーションは可能です。 中古マンションを購入して、リノベーションを考える場合は事前に施工業者に確認してもらうことが大切なのです。

 

中古マンションを購入した後で、リノベーションができないと気づいても遅いでしょう。 不動産会社がリノベーションをして売り出しているケースもありますし、リノベーション前提とした中古マンションを販売することもあります。

 

自分で探すよりも不動産会社を利用した方が効率的で確実なのです。 自分の希望を入れてリノベーションしても、全体の費用として安上がりになります。 これは大きなメリットになるでしょう。

 

中古マンションの設備は10年以上前に作られています。 そのため、いろいろと新しくしたくなるはずです。 じっくりと検討してください。 不動産会社が提案する改修も参考になるはずです。 そこから夢が広がりますね。

 このつづきは次回に〜

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/