読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

リビングのソファーを選ぶときのポイントをいくつか

新潟リフォーム@つぶやき 住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リフォーム インテリア

f:id:rainha-rie10:20170206203423j:plain

いまや、小さな雑貨屋さんから大型店舗までふくめるとインテリアショップはたくさんあります。 インターネット通販サイトも数が多くて、どこを選べばよいのか悩んでしまいますね。

 

まずはリビングのインテリアを考えましょう。

 

というお話をしました。その続きです。リビングに必要なインテリアを選ぶための、豆知識を紹介しているのは経験豊富な大手家具メーカーが多いです。 少し紹介しましょう。

 

リビングのインテリアとして一生付き合うことになるのはソファでしょうね。そうそうちょくちょく買い換えるものではないので、できれば安物買いではなく、いいものを長く使いたいものですね。

 

それには、じっくり選ぶことが大切です。 まずはサイズですね。 小さすぎても大きすぎてもバランスがよくありません。リビングの大きさに合わせたものが大事です。 スペースとのバランスをよくするためにはどうしたらいいでしょう。

 

部屋の大きさをを正確に測ることから始めましょう。形は、どのような使い方をするかによって異なります。 デザインだけではないのです。アバウトに「このくらいのおおきさがいい」というのは失敗しがちです。

 

たとえば、一人で寝転ぶためには、頭の部分が高くないソファがいいでしょう。 二人で座るのならなおのこと。そして材質も重要です。 レザー、ファブリックによって、座り心地がぜんぜん違います。

 

最終的には展示場などで実際に座ってみることをお勧めします。 さらには足元に敷くラグはお部屋に合ったものを選ばなければなりません。 目が肥えていないと、ラグの見た目だけで判断してしまうことが多いのです。

 

部屋にマッチしているかが大事ですね。 さらにはまず、ラグの役割を考えることです。どんな風に利用するのか考えてから購入するのがいいです。必要だからと妥協しない心づもりがあるといいですね。

 

リビングとダイニングでは必要な家具が異なります。 同じようにラグも違うのです。 サイズや材質を役割に合わせて変えなければなりません。 ソファやテーブルの配置とラグのサイズを考えてましょう。

 

家具メーカーではリビングではなくダイニングにラグを敷くべきだと考えているところが多いです。 チェアを引いた時の音を抑えることと、床のキズを最小限にするためです。

 

ソファーとラグの組み合わせはインターネットでも十分に検索することが可能です。カタログだけでなく、ネット検索や実際に家具屋さんのショールームを覗いて見てみましょう。

 

夢が広がるばかりではなく、お部屋の模様替えなどの参考にもなるでしょう。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com