子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

最近見た映画「二十歳と一匹」泣ける〜!!

 

f:id:rainha-rie10:20170531131249j:plain

うちにはワンコ(コーギー♀7才)がいるので、一日になんどかネットで犬のことを検索したり、散歩で知り合ったワンコ友達のSNSを見たりすることがある。なので必然的にワンコだらけの広告がPCに。

 

テレビ番組表でもアマゾンプライムでも、上位表示されるのは「犬かんけいの番組」そうするとついつい見ちゃうんだよね〜。2015 年に阪神・淡路大震災20年企画として放送されたらしいのだけれど。

 

今回お初。「二十歳と一匹」なんかお題きいただけでも「泣けてくる」きっとそれ系の映画なんだろうなあって思いながらもティッシュ用意して見てしまった。

 

内容は「二十歳と一匹」っていうくらいだから、一匹の災害救助犬と震災で両親を亡くした二十歳の男の子との出会いから、その子が救助犬と人を救助できるようになるまでのお話。主演が菅田将暉っていう有名俳優だから見た人も多いと思う。

 

動物がらみの映画はほとんどが泣けるよね。こんかいは絶対に泣かん!!て思ってみてても途中から自然と泣いている。ときには嗚咽まで・・・そうすると必ずぐっすり寝てても。

 

うちのコーギーもも部長はとことこやってきて、顔を舐めてくれる。なんでなんだろうなあ。一緒にくらしはじめたころから。泣いて、鼻をぐすぐすしていると、どんなに小さい音でもやってきて顔をペロペロ。

 

人でもそんなに毎回はやさしくしてくれないのに。ワンコなのに。ワンコだから?悲しい気持ちがわかるのかしら。ネコも飼っていたことがあるけれど。そんなにベタベタしてきたりはなかったかなあ。

 

人に寄り添って、人を探したり、助けたり。時には介助したり。そうゆうことが訓練すればできるって、ネコではできないよね。犬ってすごい生き物なんだと思う。映画もそうだったけど。

 

うちの近所のおじいちゃんが倒れたときに、飼い犬が見つけたはなしを思い出した。大昔の話しだけど。寒い季節だったから倒れたおじいちゃんのそばにくっついて、あっためていたんだって。

 

偉いよね〜。うちのもも部長はできるのかしら?ためしに公園でたおれてみたけど。知らん顔して草の匂いをクンクンしてた。やっぱり本当か、ウソかは犬も見抜くのだろうか。

 

泣いたらきてくれるんだけどねえ(笑)映画のラブラドールのQちゃんは、可愛くって、賢くって、名前のとおり「キュート♡」でした。

www.nhk.or.jp

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com