読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

女性建築士ってどうゆうイメージ??

f:id:rainha-rie10:20170420205854j:plain

よく聞かれる。「なんのお仕事してるんですか?」「・・・えっ!いまさら聞く?」っておもうけれど。先日久しぶりに会ったオバちゃんから聞かれました。「な〜る〜」けっこう知られてないんだ。って思いました。

 

ですよね〜。いろんなこと書いてるけれど。仕事のことってあんまり書いてないような。っていうか。いちいち「わたしは建築士でリフォームの仕事してます」って毎回言うのもどうかなと。

 

女性建築士っていうと。たいていは事務所で図面書いたり、お客様と打ち合わせしてるイメージが強いみたいです。とんでもないです。屋根にも登るし、床下にももぐります。なんでもありですよ。

 

でもね。仕事がなんだとかよりも、人となりを知ってもらいたいなって思っています。以前は一つのことしかやってなかったけれど。ここ最近はいろいろやっています。お願いされればいろいろとお手伝いするかな。

 

ここにきて、趣味もいろいろ増えたので、それらに関する資格も取ったりしています。なにかやるのに資格なんていらないときもあるのだけれど。お金をもらって仕事するときは日本はいまだに「肩書社会」ですよね。

 

このあいだもありました。頼まれたお仕事なのに。それなのに「堀澤さんがやるんですか?」って。頼んだおいてなによ!!って思いましたが。そこは大人ですから。「わたしがやります」

 

こうゆうこと経験したことないですか?名刺交換やSNSで繋がった人からの「お仕事の依頼」けど。会ってみるとぜんぜんわたしのこと知らないで頼んで来てる。肩書だけで。

 

「リフォーム会社」だからどうせ従業員がくるんだろう・・・てきな。こうゆうのが一番めんどうくさい。名刺もらって、会社名知ったら、ネットで検索くらいしてよ!!

 

仕事のメールや電話なのに。ことばのニュアンスからは「あんたでだいじょうぶ?」てきなにおいがプンプン。こうゆうとき「女のなにが悪いのさ!!」って心の声は叫んでるんだけどねえ。

 

もちろん。会って、仕事の打ち合わせして。納得してくれる人も多いです。けど。最後まで疑い深い人もいます。それで縁が切れた方も。それは仕方ないです。こっちだって選びますよ。

 

よく見る広告に「リフォームのことならなんでもおまかせください」ってあるけど。なんでも?あなたの会社で「これだけは自慢できます」っていうほうがよくない?「なんでもできるはなんでもできない」のといっしょ。よく父が言ってました。

 

「くるもの拒まず」スタイルで頼まれたらなんでも引き受ける業者もいるけれど。

 

しっくりこないお客さんとは仕事したくないです。だって面倒くさいから。わたしがやっていることがちゃんとわかってくれて「あんたにまかせる」っていう人と。できればいい仕事がしたい。それじゃだめかなあ。

 

そうゆう建築士がいてもよくない??

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/