読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

リビングを流行に合わせて壁紙を貼り替えてみよう

新潟リフォーム@つぶやき 住まいの気になるところ リフォームの豆知識 リフォーム リノベーション マンション インテリア DIYを楽しもう

f:id:rainha-rie10:20170315133403j:plain

あなたは家にいるときに読書をしたり、テレビを見たりする場所は決まっていますか。学生のときには自分の部屋にこもりがちでしたけど、大人になってからはリビングで。っていう人は多いのではないでしょうか。

 

リビングのインテリアにも流行があります。 使う年代にもよりますが、いまはさまざまなインテリアが販売されていますね。もちろん、インテリアは一時的なものではなく、長く使うものですから流行ばかりを気にする必要はありません。

 

とくにリビングはあなたにとって居心地のよい空間でなければなりませんよね。 リビングを流行に合わせて、変更することを少し考えてみましょう。 気軽にできるのは、壁紙を張り替えることです。

 

全面を張り替えるのではなく、アクセントをつけたり、一部だけ変えてみるのです。 それでもイメージがずいぶんと変わりますから、流行を取り入れやすくなります。 リビングの壁紙と床の色の組み合わせによって、様々な雰囲気を出すことができます。

 

床の色と壁の色がリビングの雰囲気を作るといっても大げさではありません。 新築でも引っ越しでも、インテリアコーディネートにこだわっているのなら、色を押さえておくことが大切です。

 

インターネットで調べてみると、壁と床の色を変えてみた写真があります。 ウォールナット、オーク、チェリーの3色を使うだけでも、雰囲気を変えることができます。 その時代での流行色というものがあります。

 

しかし、そればかりを使うのはどうかと思います。 また、住む人の年代によっても好みの色は異なりますね。 落ち着いた雰囲気にしたいのか、おしゃれな感じにしたいのかで選ぶ色は変わります。

 

もちろん、壁紙ですからモノトーンではなく、柄も大切です。普段はおとなしいイメージの人は、インパクトのある壁紙もいいかもしれません。でもね、濃い色や派手な壁紙は落ち着かないです。

 

家具の色と、壁、床の色を調和させることも大切です。 ただ、色を選ぶときは冷たく感じるよりも、温かみのあるリビングを考えておいたほうがいいでしょう。 それはどのような年代でも当てはまることですね。

 

壁紙は自分で張り替えることもできます。簡単にシール感覚で貼ってはがせる壁紙も販売されています。いろいろインテリアを変えようと苦労することよりも、居心地のいい、お気に入りの色の壁紙で落ち着いた雰囲気の中で、読書や映画鑑賞っていうのもわたしの小さなオススメです。

  

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/