読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

通信教育や塾などで【宅建】の試験勉強をしようと考えている人のために

リフォームに関係ない私事 新潟リフォーム@つぶやき

f:id:rainha-rie10:20160610131252j:plain

通信教育や塾などで【宅建】の試験勉強をしようと考えている人のために

 

前の回は・・・。「国家資格で人気が高い【宅建】は通信教育業者も力を入れている?」をお話しました。

rainha-rie10.hatenablog.com

 

そしてその前の回は・・・。「土地や建物などの売買で法律に基づいた適切な処置や書類作成に必要な資格【宅建】について知る方法」です。

rainha-rie10.hatenablog.com

今回は「通信教育や塾などで【宅建】の試験勉強をしようと考えている人のために」という宅建の勉強についてです。

 

宅建の人気

宅建の試験を受ける人が増加していると言われています。 その人気の秘密はどこにあるのでしょうか。 毎年20万人以上の人が受験している資格試験ですが、合格率は2割にもなりません。 つまり、難易度は高いと言えるでしょう。

 

宅建の資格を持っていることで不動産会社の中では一定の評価を得ることができます。 ただ、これには理由があります。 宅建の取引業務を行うためには事務所内に一定の割合で宅建資格所有者がいなければならないと決められているのです。

 

仕事ができる人ではなく、宅建資格所有者を雇用しなければならないのです。 つまり、宅建を持っていることで就職先を確保することができます。 これなら誰でも宅建の試験を受けようと思うでしょう。

 

通信教育で宅建の勉強をすれば、合格することができます。 もちろん、通信教育の業者を選ぶことも大切ですし、教材を利用してしっかりと勉強しなければなりません。 重要なのは宅建の資格は一度合格すれば一生所有できることです。

 

資格証は5年に一度の更新となっていますが、合格した事実はずっと続くのです。 不動産業界はいつの時代も人気の職業です。 宅建の資格を持っていなければできない仕事があります。

 

作成する書類も決められているのです。 法律に基づいていますから、個人的な資質とは関係ないのです。 宅建の資格があれば確実に仕事を確保することができます。 時代が変わっても仕事がなくならないのですから、これほど魅力的な職業はないでしょう。

 

 宅建の仕事

不動産業界では宅建が重要な資格であることは常識です。 宅建は試験に合格しなければ得られない国家資格です。 通信教育で勉強する人もいますし、過去の問題集を勉強する人もいるでしょう。

 

どのような方法でもかまいません。 資格試験で合格すればいいのです。 通信教育ではいかに効率よく勉強すれば合格するかを考えてくれます。 その通りにやればいいでしょう。

 

ここでは宅建の仕事内容を紹介しましょう。 宅建の人気の一つは資格を持たなければできない業務がたくさんあるため、資格を持つ社員を会社として確保しなければならないからです。

 

就職先に困ることはないのです。 もちろん、一度宅建の試験に合格すれば、それ以降は不動産会社でずっと働き続けることができます。 つまり、現代は不動産取引に対して宅建資格所有者が不足しているのですが、いずれは必要数に達することでしょう。

 

その状態になれば、毎年の欠員の分だけを補充すればいいことになります。 その時代が来る前に宅建の資格に合格して、就職しておくことが大切です。 通信教育のサイトを見てみると、具体的な業務内容がわかります。

 

不動産取引において、買主への物件説明や売買契約書の作成が宅建資格所有者の業務となります。 正しくは宅地建物取引士と呼ばれますが、これは士を付けた資格は人気が出ると考えられるためと言われています。

 

不動産会社の雇用条件を吟味して、転職する人もいるようです。 資格を持つことで仕事が有利になることは少なくありません。 宅建もその一つなのです。

 

宅建と塾

 通信教育や塾などで宅建の試験勉強をしようと考えている人は少なくありません。 もちろん、宅建の試験は簡単ではありません。 通信教育と塾のどちらがいいか迷っている人もいますが、どちらでも自分の努力にかかっているのです。

 

勉強しなければ、どこに申し込んでも同じことでしょう。 短期間で宅建に合格することができるとインターネットのホームページに掲載されているサイトもたくさんありますが、あなたの努力次第と言うわけです。

 

宅建の資格は不動産会社で大きな役割を果たします。 資格がなければ業務を行うことができないことがたくさんあります。 不動産取引上の手続きが法律で定められているのです。

 

国家資格として宅地建物取引士を認定することで不動産取引のトラブルを未然に防ぐことができると考えられます。 不動産取引はいつの時代でも行われています。 これからもずっと続いていくことでしょう。

 

つまり、宅建の資格を持っていれば就職先は多くあるということになります。 そこで重要なのはどうやって資格試験に合格するかと言うことです。 通信教育と塾のどちらがいいと思いますか。

 

費用は通信教育の方が安いことは間違いありません。 しかし、通信教育は自分で頑張らなければなりません。 送られてきた教材を確実に解いていかなければならないのです。

 

勉強することが苦にならない人にとっては楽なことかもしれませんが、多くの人は途中で挫折してしまうでしょう。 通信教育のサイトでは合格する方法などが掲載されていますが、その成否はあなたにかかっています。

 

関連する記事はこちら↓です!! 

rainha-rie10.hatenablog.com 

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/