子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

土地や建物などの売買で法律に基づいた適切な処置や書類作成に必要な資格【宅建】について知る方法

f:id:rainha-rie10:20160609124540j:plain

土地や建物などの売買で法律に基づいた適切な処置や書類作成に必要な資格【宅建】について知る方法

 

宅建の試験の申込が近づいてきました。あなたのお仕事はなんですか?不動産や建築に関わるお仕事でしょうか?それともこれから就職ですか?自身も数年前に受けました。資格は取ったものの開業できたのはずっとあとです。

 

建築士とともに難しい国家資格です。合格するには並大抵の努力ではできません。

 

申込期間は 7月 1日〜 8月 1日まで。試験日は10月16日(日)です。(ネットでの申込は期限が短いので注意です)

 

そこで今回は宅建のお話です。これから受験されるかたや今後転職や就職で悩んでいる方にとってはこの資格は必ずヤクにたちます。

 

宅建の試験

宅建の試験を紹介しましょう。 宅建の正式名称は宅地建物取引士資格試験と言います。 つまり、土地や建物などの売買において、法律に基づいた適切な処置や書類作成をするために必要な資格なのです。

 

宅建の試験を受ける人は毎年20万人もいます。 それだけ人気の高い資格と言えるでしょう。 土地や建物に関することですから、不当産業界では必ず必要な資格です。 勉強をする場合は通信教育を利用することもいいでしょうし、参考書を購入して自分で勉強することもいいでしょう。

 

インターネットで調べてみると通信教育を行っている会社でも宅建の人気は高いようです。 もちろん、通信教育で学ばなくても宅建資格試験に合格する人はいます。 過去問をすべて暗記してしまえばいいのです。

 

誰でもがそれをできるわけではないですから、試験は難しいのです。 宅建にはいくつかの種類があります。 だんだんとレベルアップを図る人もいるようです。 土地や建物の取引はいつの時代でもなくなることはありません。

 

トラブルが起こらないようにしっかりと法律に則り処理を行うことが不動産会社に求められるのです。 不動産を売る場合、買主への説明や契約書の作成は重要です。 それを手抜きすることはトラブルと言うことではなく違法な取引となってしまうのです。

 

なぜ宅建の資格を持っている人が必要なのかと言うと、これまでトラブルが多かったからです。 不動産会社の仕事をやりたいと思うなら、宅建の試験は必須と考えておきましょう。

 

宅建とは

宅建と聞くことが多くあるかもしれませんが、正しくは宅地建物取引士資格試験のことです。 もちろん、国家資格です。 合格した人だけが不動産取引を仕事として行うことができるのです。最近は宅建士と言われるようになりました。

 

物件を販売するための広告などは不動産会社の職員が行います。 そして、買主が決まったら重要事項を説明して売買契約書を作成することになります。 この買主との間での手続きで宅建の資格が必要なのです。

 

宅建の試験は極端に難しいわけではありませんが、勉強せずに合格することはありません。 通信教育で勉強する場合、インターネットの通信教育サイトで調べてみればすぐにわかります。

 

宅建の講座がないサイトはないと考えていいかもしれません。 毎年20万人も受験している試験だからです。 不動産会社に勤めようと考えているなら、宅建の資格を持っておく方が就職には有利です。

 

自分の将来を考えてみてください。 不動産業界はその時代によって浮き沈みが激しいと思いますが、倒産する会社はそれほど多くありません。 もちろん、マンション建設などで不良工事があればいきなり倒産するかもしれません。

 

そのような事例は宅建の資格の有無とは関係ないでしょう。 宅建の資格が国家資格となっている理由は、これまでの土地や建物の売買でトラブルが多く発生してきたからです。

 

人が生活するためには土地と建物がなければなりません。 売買はいつの時代も繰り返されるのです。 宅建の資格を持っている人はいつも求められていると言えるでしょう。

 

宅建試験研究センター

不動産売買は日本中で行われていますから、宅建の資格を持っている人も日本中で必要です。 宅建試験は国家資格ですから、財団法人が宅建試験の面倒を見ています。 宅建試験研究センターでは過去問の提供など試験に受かるためのヒントをもらうことができるでしょう。

 

もちろん、本年度の問題をこっそり教えてくれるわけではありません。 そのような不正をすれば、すぐに大きな問題となるでしょう。 宅地建物取引業協会などの団体のサイトをチェックしてみてください。

 

そうすれば試験の具体的な日程や内容がわかります。 通信教育を申し込んで、送られてきた教材をしっかりと勉強をすればいいのです。 テキストを購入して独学で試験を受ける人も少なくありません。

 

どのような形であれ、自分がやりやすい方法を考えましょう。 インターネットでたくさんの情報を調べてみると、宅建の試験が簡単な気がしてきます。 しかし、しっかりと通信教育で勉強をしておかなければ合格は難しいでしょう。

 

20万人以上の人が毎年受験していますが、約15%程度の合格率です。 勉強せずに試験を受けている人もいますが、合格は難しいでしょう。 過去の問題の傾向を調べてみれば、次の試験に出る問題がわかります。

 

 

また、合格するのは7割以上の得点を取らなければなりません。 毎年、試験は行われていますから、一度不合格になっても来年があります。 毎年受けている人も少なくないのです。 不動産会社で働くなら、若いうちに宅建に合格しておきましょう。

 

宅建試験と通信教育

通信教育なら宅建の試験対策は十分でしょう。 もちろん、通信教育に申し込むだけでは試験に受かることはできません。 宅建の試験の傾向は通信教育の教材を読めばわかります。

 

過去の問題をしっかりと解いておけば、それが実力となります。 不動産に関する知識があれば土地売買はできるかもしれませんが、それは違法な取引となります。 公正な取引を行うために宅建と言う国家資格があるのです。

 

これまでたくさんのトラブルが起きてきましたから、それを抑制するための資格と言えるでしょう。 宅地や建物は日本中で取引されています。 あなたも勉強して宅建の資格を取りましょう。

 

資格を持っていれば、仕事の上でも有利になります。 できる業務が広がるからです。 不動産会社の中で重要なポストに就くこともできますし、自分で新しい会社を開業することもできます。

 

すべては資格を持っていることに意味があるのです。 宅建試験の過去問を調べてみると、出題傾向がわかります。 過去10年間の問題をしっかり暗記するだけで合格すると言われているのです。

 

ただ、合格率は2割にも足りませんから、難易度は高いのです。 勉強嫌いな人には合格することは難しいでしょう。 受験するからには、ぜひ合格を目指してください。 長期間勉強するよりも短期決戦で臨んだ方が効率の良い勉強ができます。

 

自分の勉強のやり方をしっかりと考えてください。 通信教育で提供されている教材を決められた通りにやるだけでもいいのですが、それはあなたにとって簡単なことではないでしょう。

 

宅建の試験内容

国家試験を受けて資格を取得する人はたくさんいますが、それぞれの試験の難易度は異なります。 自分が受けようと考えている試験の傾向と対策が重要となるのです。 宅地建物取引士試験は宅建と呼ばれており、ポピュラーな試験です。

 

ただし、合格率が高いわけではなく1割強にすぎません。 しっかりと過去問を解いていても、その程度の合格率と言うことはレベルが高いと言えるでしょう。 もちろん、国家資格試験の多くが1割前後の合格率で推移ししています。

 

さて、宅建の試験内容を少し紹介しましょう。 全部で50問が出題されます。 そのうち7割を正解すれば合格となります。 過去問を解いておくことである程度までは取れますが、これまで出題されていない分野からの問題も当然出ますから、それを解けるかどうかがカギと言えます。

 

インターネットで検索すれば過去問が出てきますし、通信教育を申し込むともっと詳しい情報を取ることができます。 通信教育の費用は10万円前後ですが、その費用を払ったからと言って確実に宅建の試験に合格するとは限りません。

 

あなたの努力が一番重要だからです。 本気で取り組むなら参考書を購入して独学と言う手段もあります。 宅地売買は日常的に行われており、そのトラブルを未然に防ぐことが重要です。 国の施策として法律に詳しい人を増やすことがあるのでしょう。

 

宅建の資格がなければ売買が行えませんから、所定のレベルを確保することができるのです。 土地売買の活性化で産業の活性化につながります。 ひいては国全体を活性化できるのです。

土地や建物などの売買で法律に基づいた適切な処置や書類作成に必要な資格【宅建ついて知る方法は次回も続きをお話しますね。

 関連する記事はこちら↓です!!

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/