子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

玄関ドアをリフォームするときに失敗しないポイント

f:id:rainha-rie10:20160508150617j:plain

玄関ドアをリフォームするときに失敗しないポイント

玄関ドアリフォームを考える

あなたがリフォームをする時には老朽化した住宅を住みやすくするためでしょうか。 家の顔である玄関ドアは簡単に老朽化しませんが、イメージが違うと思い始めるとリフォームしたくなる人も少なくありません。

 

玄関ドアのリフォームが注目されている理由は、工事が簡単だからです。 簡単ですから費用もそれほどかかりません。 おおよそ20万円程度あれば、普通の玄関ドアはリフォームできます。

 

ただ、色やデザインを変えるためだけに玄関ドアのリフォームするのは無駄が多すぎると思うでしょう。 そのため、せっかくリフォームするなら、セキュリティを高めた鍵を取り付けるといいでしょう。

 

また、広いガラスを付けて、採光をよくすることもいいでしょう。 玄関が明るくなります。 セキュリティに関しては、いろいろな鍵があります。 最新の鍵はキーレスです。 カードタイプ、リモコンタイプなどがあります。

 

すでに自動車で採用されている方式ですから、信頼性は高いでしょう。 防犯対策が必要な地域では厳重な鍵が必須かもしれません。 玄関ドアの重要性を再認識してください。 デザインや色ばかりを考えていてはいけません。

 

また、大きな荷物を運び込む時には親子ドアが便利です。 普段はロックをかけておいて、開かないようにしておけばいいのです。 玄関ドアは両開きドアもタイプとしてはありますが、普通の家庭では違和感があります。ゴージャスな玄関ドアのイメージが強いからです。 特に和風の住宅には合いません。

 

玄関ドアの悩み

玄関ドアが古くなってしまうと、家全体が古く見えてしまいます。 そこで玄関ドアのリフォームをすることを考えるのです。 リフォームでは新しい玄関ドアを取り付けますが、数日間玄関を使用できないと思っている人が多いようです。

 

実際には玄関ドアのリフォームは1日で終わってしまいます。 ほとんどのドアがメーカーの寸法でできていますから、交換するだけでいいのです。 事前に玄関ドアのデザインを決めておいて、それを使うだけです。

 

ただ、家族の間で意見が分かれる時は問題ですね。 開き戸と引き戸では全く違います。 前後左右に必要なスペースが違うのです。 和風の家なら玄関ドアは引き戸にした方がいいでしょうが、間口が広くなければ引き戸はスペース的に難しくなります。

 

また、密閉度の面から引き戸はデメリットがあります。 開き戸の場合は、90度くらいに開く時のスペースを確保しなければなりません。 このスペースが無駄だと感じる人は少なくありません。 いずれにしても、家族でよく話し合うことです。

 

高齢者がいる場合は車いすなどの移動を考慮しておくことも大切です。 何度もリフォームをする人はいないでしょう。 お金に余裕があれば問題ないのですが、そのような人はごくわずかですし、玄関ドアのリフォームで悩むこともありません。

 

インターネットでメーカーのカタログを調べてみましょう。 どのような玄関ドアが人気なのかを見てみましょう。 オーソドックスなタイプでも問題ないはずです。

 

地域と玄関ドアリフォームで失敗しないポイント

木製の玄関ドアを取り付けたいと思っていますか。 実は木製の玄関ドアは使用できない地域があります。 防火地域の法律によって制限されているからです。 つまり、木製の玄関ドアは金属製と比較すると燃えやすいですから、防火が要求される地域では規格に合わないのです。

 

しかし、最近では防火設備認定商品として木製の玄関ドアが使用できる場合がありす。 もちろん、普通の木製ではなく、特殊加工をした玄関ドアです。 リフォームで玄関を変えたいと思っても、アルミサッシ製のドアでは何となく違和感があると思ってきた人も少なくないでしょう。

 

そのような人におすすめの木製玄関ドアです。 木製断熱玄関ドアはスウェーデンドアです。 欧米ではすでに取り入れられている材質です。 これからの日本でも利用が進むかもしれません。 あなたがリフォームをする機会があれば、ぜひ検討してみてください。

 

ただ、アルミサッシ製と比較するとかなり高価です。 定価で70万円ですから、アルミサッシの6倍以上です。 一般の人にはちょっと手が出ませんね。 ホームページで写真を見てみましょう。 アルミ製よりもやはり木製の方がいいです。

 

もちろん、アルミサッシでも木目調のデザインはたくさんありますから、遠くから見ればわかりません。 しかし、玄関ドアは家の顔です。 訪問客が必ず見るところです。 いいものを揃えたいと思う気持ちは誰でも同じです。

 

玄関ドアだけにお金をかけるとアンバランスになってしまいますから、注意しておきましょう。

 

玄関ドアのイメージで失敗しないポイント

住宅の中でも玄関ドアは一番重要な扉かもしれません。 訪れる人が必ず見るところだからです。 もちろん、玄関ドアだけにお金をかけるわけにはいきません。 住宅全体のイメージを考えておくことが大切です。

 

玄関ドアのリフォームを考えているなら、そのイメージをシミュレーションしてみませんか。 YKKのホームページではシミュレーションをすることができます。 多彩なカラーとデザインがあるので、いろいろなパターンでシミュレーションをすることで、リフォームに最適な玄関ドアを見つけることができるでしょう。

 

もちろん、玄関ドアに合わせて壁を塗り替えることも可能ですが、それは費用がかかり過ぎるので現実的ではありません。 パソコン上でシミュレーションすることで、イメージを具体化させることができます。

 

まずはドアを選びます。 ガラスが縦縞状に入っていますが、1枚タイプ、2枚タイプ、幅の広いガラス、狭いガラスなどパターンはいくつもあります。 玄関ドアを選んだら、住宅のスタイルを選びます。

 

リフォームの場合は住んでいる家に一番近い住宅を選ぶといいでしょう。 そして、シミュレーションをします。 ドアと住宅がマッチしているかどうかを判断しましょう。 玄関ドアの色によってかなりイメージが変わります。

 

パソコンで簡単にシミュレーションできる仕組みは非常に便利です。 ショールームなどでもすべてのドアを見ることはできません。 一度選んだドアは登録しておくと、後からでも見ることができます。

 

玄関ドアリフォームで失敗しないポイント

玄関ドアのリフォームを失敗しないようにするポイントを紹介しましょう。 玄関ドアだけのリフォームですから、壁の色やデザインは変わりません。 家の雰囲気にマッチした玄関ドアを選ぶことが大切です。

 

玄関ドアだけをゴージャスにすることもできますが、何となくやり過ぎ感が出てしまいます。 和風の家に洋風のドアはピンときませんね。 色合いが違っていると、機構的には問題ないのですが、違和感が出てしまいます。

 

つまり、玄関ドアはデザインが大事と言うことです。 それから、玄関ドアの風通しに配慮することです。 網戸が付いた玄関ドアもありますから、検討してください。 玄関ドアの採光についても考慮しましょう。 ガラス部分が広ければ、それだけ玄関内が明るくなります。

 

スリットタイプ、四角タイプなどガラスの面積はデザインでかなり変わってきます。 せっかくのリフォームですから、明るい玄関にしてみませんか。 寒い地方の場合、玄関ドアの断熱性能は重要です。

 

分厚い玄関ドアにすることで断熱効果を高めることができるのです。 もちろん、開閉は楽にできなければなりません。 玄関ドアのデザインだけではなく、性能についてもチェックしておきましょう。 カタログでは熱貫流率として表現されています。

 

そして、防犯性能です。 これは玄関ドアが時代とともに新しい鍵システムになってきていますから、確実に防犯性能は高まります。 ただ、リフォームしたら、その後は変えないと考えられますから、最新式の鍵システムを取り付けることを考えてください。

 

玄関ドアをリフォームするときに失敗しないポイント

 

いかがでしたでしょう。玄関だけをリフォームするだけで住まいのイメージはかなり変わります。しかしだからといって、そこだけを考えてリフォームするのではなく、住まい全体のバランスも大切です。アンバランスにならないように注意してくださいね。

 

玄関ドアのリフォームについては、お気軽にご相談くださいね!!

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/