子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

住まいの鍵は盗難防止のための必需品トラブルは早めに解決しよう

f:id:rainha-rie10:20160429133341j:plain

住まいの鍵は盗難防止のための必需品トラブルは早めに解決しよう

春先に引越したり、車を買い換えたり、お子さんが学校に行くようになって合い鍵を持たせるようになったりして、いままでよりも鍵のトラブルが多くなる時期です。キーケースなどに入れておけば、かばんに放り込んでもある程度は探すことが可能です。

 

しかし、鍵の束だけにして持っていると、知らないうちに落としたり、見つからなくなるケースは多いようです。キーケースに入れている場合と比べると、取り出すときなどに引っ掛けてしまうこともあるのです。

 

そこで今回は前回↓につづいて「鍵」のお話です。 

rainha-rie10.hatenablog.com

 鍵のトラブル解決 

鍵のトラブルと言えば、間違って鍵を閉めてしまうことが一番多いでしょう。 もちろん、自分でも予想していなかった事態にパニックになってしまうかもしれません。 しかし、落ち着いて考えましょう。

 

鍵のトラブルは電話一本ですぐに駆けつけてくれる業者がいるのです。 部屋には鍵があるのに、自分が部屋に入れなくなってしまうのです。 誰でも予想外の出来事ですぐに解決してほしいと思います。

 

電話をすれば、すぐに来てくれる鍵職人が多くなりました。 それだけ需要が多いと言うことなのでしょう。 鍵トラブルの解消には専門的な知識が必要です。 ただ、知識があればトラブルを解決することは難しいのかもしれません。

 

日常生活で鍵を触る機会はたくさんあります。 そして、鍵を失くしてしまう機会も多いのです。 ちょっとした弾みに、どこに仕舞ったかわからなくなることもあります。 鍵にはいくつもの種類があります。 部屋のドアにつけられている鍵は一つとは限りません。

 

家の鍵や自動車の鍵、会社の鍵など、いくつも所持している人も少なくありません。 鍵は盗難防止のための必需品ですが、失くしてしまうと、途端に困ってしまうのです。 インターネットで調べてみるとたくさんの鍵職人がいます。

 

どこのサイトでもすぐに駆けつけてくれるようです。 実際に店舗は構えていても、店にいる時間よりも客先で対応している時間の方が多いと言われています。 合い鍵を作ることは難しくありません。 専門の道具があればいいのです。非常時を考えて、合い鍵を作っておくといいでしょう。

 

鍵の交換

鍵を失くした時には安全のために、新しい鍵に交換することでしょう。 ただ、鍵がなくなってしまって、どうやってスペアキーを作るのでしょうか。実は鍵には番号があります。 メーカー名と番号から鍵の形が割り出せるのです。

 

もちろん、一般の人にはわかりません。 専門職人だけが調べられるようになっています。 強盗を計画している人が合鍵を作ることができれば、いつでも盗みに入ることが可能となります。一度鍵を失くしたことがあるなら、すぐに交換することをおすすめします。

 

近くで盗難事件が発生していないとしても、現代の犯罪は予想できません。 田舎ほど、泥棒が多いのです。 アパートやマンションでは入居者が変わる度に鍵を新しく交換しています。その方が確実だからです。

 

あなたは自分の鍵をどこに置いていますか。 かばんの中に入れているとしても、安心はできません。 世の中にはたくさんの悪い人いるのです。 鍵のトラブルは誰にでもあります。ただ、トラブルが起きた時にどこに解決してもらうかが重要なのです。

 

鍵のトラブルを解消してくれると言いながら、犯罪を働いていたケースも少なくありません。 要するに鍵屋さんが信用できないのです。鍵を交換することは、これまでの情報をクリアすることになります。 パスワードや暗証番号を変えることと同じです。

 

自分の鍵が盗まれることはないと、堅く信じている人は少なくありません。ただ、それに根拠があるのでしょうか。 日本も外国のように犯罪が日常的になっているのです。

 

鍵のトラブルとは

どんな鍵のトラブルでも、すぐに解決してくれるのが錠前技師です。 鍵を失くした、壊れた、閉じ込めた、開かないなどの鍵に関するトラブルを解決してくれるのです。その需要は意外と高いようです。 自分で対処できることではないからです。

 

玄関の鍵を失くしてしまって、家に入ることができなくなったらどうしますか。 すぐに家に入らなければならない用事があっても、どうしようもないのです。鍵が壊れることもあります。 個人的な鍵だけではなく、仕事に関した鍵はさらに緊急度が高いでしょう。

 

鍵のトラブルを受け付けている事務所はたくさんあり、24時間いつでも対応してくれます。大手の会社になると全国に店舗を構えています。 フリーダイヤルやメールでも受け付けてくれますから、いざと言う時には安心ですね。

 

錠前技師が1,500人もいるのです。 もちろん、鍵にはいろいろな種類がありますが、わからない鍵はありません。錠前技師はどれだけの知識を持っているかが重要なのです。 あなたの家の鍵を思い出してみましょう。

 

何種類ありますか。 玄関、裏口、自転車、車など形も仕組みも違うでしょう。 防犯のために鍵を利用しなければなりません。しかし、どうしても鍵を失くしてしまうのです。 必要なら鍵を交換することも考えてください。

 

自分だけのことではなく、将来の防犯につながるからです。 安心して暮らすための鍵であることを忘れないようにしましょう。 鍵のトラブルは早目に解決しておくことをおすすめします。

 

最新の鍵事情

最新の鍵事情を紹介しましょう。 昔ながら鍵もたくさんありますが、最近は電子錠が増えています。 物理的なカギ穴があり、そこに鍵を差し込むことで開けられる仕組みの鍵であれば、必ず破ることができるのです。

 

もちろん、玄関に使われている鍵を開けるためには時間がかかりますから、泥棒が簡単に侵入できるわけではありません。 ただ、電子錠にすることで鍵穴がないより堅牢なカギとなるのです。

 

家庭用、オフィス用、マンション用など様々なタイプがあります。 最近はスマホを持っている人がほとんどですから、スマホによって解錠するタイプもあります。 つまり、スマホが鍵の代わりなのです。

 

もちろん、スマホを落としてしまえばトラブルとなりますが、普段から持ち歩いているスマホの方が安心でしょう。 また、暗証番号によるロックですから、誰にもわかりません。

 

複数の人が出入りするオフィスではスペアキーを作ることが難しい場合もあるでしょう。 そんな時にも電子錠が有効なのです。 一度取り付けてしまえば、その後の保守はほとんどしなくていいでしょう。

 

鍵を使わないタイプですから、防犯の面でも大きなメリットです。 それでも鍵のトラブルは発生します。 そんな時は錠前技師に連絡しましょう。 電話一本ですぐに駆けつけてくれる業者がたくさんいます。

 

もちろん、どうしても対処できない鍵もあります。 それが電子錠なのです。 仕組みはわかるとしても、解除のためのパスワードを見つけることは簡単ではありません。

 

あなたの家の鍵を思い出してみましょう。 何種類ありますか。 玄関、裏口、自転車、車など形も仕組みも違うでしょう。 防犯のために鍵を利用しなければなりません。 しかし、どうしても鍵を失くしてしまうのです。

 

必要なら鍵を交換することも考えてください。 自分だけのことではなく、将来の防犯につながるからです。 安心して暮らすための鍵であることを忘れないようにしましょう。 鍵のトラブルは早目に解決しておくことをおすすめします。

住まいの鍵は盗難防止のための必需品トラブルは早めに解決しよう

関連記事はこちらで↓

 

rainha-rie10.hatenablog.com

 

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/