子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

オートキャンプに持っていく荷物って・・・。

f:id:rainha-rie10:20170705033144j:plain

暑くもなく、寒くもなく、風が気持ちいいキャンプ場。それでも朝起きるとテントは朝露に濡れてびっしょり。むかしのテントだったら中まで染みたりしてたけど。いまはいいね〜。

 

テントの生地や縫製のしかたもちゃんとしてて、チャックだって食い込まない(いまはファスナーっていうけど)組み立て方もそうだけど。素人でも組み立てられるようにメーカーの動画まである。

 

なにも持たなくてもバーベキューができるのはあたりまえ。

 

けど最近では何も持たなくてもキャンプができてしまう。手ぶらでふら〜っと出かけていってもオートキャンプができるってこと。

 

便利な世の中になったものだと感心するけれど。ん〜わたしはしないかなあ。やっぱり使うものにはこだわりたいし。人の使ったもの。だれでも使えるものでは、楽しめないし、汚したり傷つけたりしても責任がないからぞんざいに扱っちゃいそうな気がする。

 

そうはいっても、最初からなんでも揃えてしまうと、お金もかかるし、なにをそろえていいかわからないから、初心者のうちは「何にも持たない」でバーベキューやキャンプを経験するのもそれはそれで簡単でいいかもね。

 

釣りしたり、キャンプしたりしていると。最初はなんでも持っていって、車のなかはぎゅうぎゅうだけれど、何度か行っているうちにものも整理されてきて、だんだんとコンパクトになってくる。

 

ネットでいろいろ検索して、釣りには何が必要か。キャンプにはなにを持っていったらいいか。調べていたけれど。いるものと、いらないものって、やっぱりなんどか経験しないとわからないものだと痛感。

 

他人のマネは最初だけでいいってこと

 

けどねえ。釣り道具はなんどか釣りに行ってると整理されてくるはずだけど。場所や釣れるものによっては何を持って行ったらいいか悩みも多くなってくる。今回もかなりの量。

 

おまけにわがやは「ワンコもいっしょ」なので彼女のお布団やご飯。寝る場所の確保も考えないとなので、フツーの家よりもいっつもなんだかんだと。

 

「荷物が多い」です^^;

 

さてさて、明日から少々遠出します。今回もフェリーでの移動。そのあとは釣り巡業で各地をまわって、北上して、秋田〜青森らへんでキャンプして連休明けまでの旅です。 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com