読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

外壁塗装は住宅の保全のために必要な処置なの?

新潟リフォーム@つぶやき 住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リフォーム リノベーション

f:id:rainha-rie10:20161214100417j:plain

長年おなじ家に住んでいれば、家の中はもちろんのこと外も傷んできます。リフォームは家の中ばかりと考えられがちですが、外壁や屋根もしっかりとメンテナンスすることが大切です。

 

家の中だけでもお掃除したりすることは大変なのに。なかなか外回りまでは目がゆきとどかないのが実情です。しかし風雨や台風などで雨漏りしてから慌てるよりも、5年、10年とメンテナンスの時期を決めておくといいでしょう。

 

目安としては、窓枠などの下に涙のように塗料が流れていないか。外壁の下部分が腐食していないか。潮風などで錆びてきていないか。などを日頃から注意して見ておくといいでしょう。

 

外壁塗装は住宅の保全のために必要な処置です。 定期的に行うことが一番いいのですが、そのための費用をしっかりと考えておかなければなりません。 外壁塗装は専門業者に依頼することになりますが、まずは見積もりを取ることから始めましょう。

 

業者によって費用も異なりますが、外壁塗装の種類も価格に大きく関係するのです。 長持ちする塗装の場合はその分価格が高くなります。 外壁塗装にはどのような種類があるでしょうか。

 

詳しいことは業者に説明してもらえばいいですが、事前にある程度のことを知っておくことをおすすめします。 もちろん、家の大きさによって塗る面積が変わりますから、単価を考えなければなりません。

 

注意したいのは足場を組む作業や汚れ防止の幕張などは家のサイズにほとんど関係しないことです。 つまり、ベースの価格があり、それに面積が加わって工事価格となるのです。

 

塗料の種類はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などがあります。 上げた順番で耐久年数が短く、単価も安く設定されています。 ただ、アクリルやウレタン塗装は耐用年数が10年未満であるため、最近はほとんど利用されていません。

 

最低でもシリコン塗装を考えてください。 シリコン塗装の場合、15年程度で塗り替えることになりますが、一番ポピュラーな塗装と考えていいでしょう。 フッ素塗装になると20年もちますが、単価は少し高くなります。 その家にいつまで住むかと言う計画を立てるといいでしょう。

 

あなたの家の外壁はどうですか?いまの塗料は禿げてきていませんか?次のメンテナンス時期が近づいている場合、または塗装の時期がよくわからない場合、参考にされてみてくださいね。

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/