読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

女性だから、あなただからお願いしたいって

 

f:id:rainha-rie10:20160927140817j:plain

女性だから、あなただからお願いしたいって

 

フェイスブックではうちの子(コーギー♀6才、通称「もも部長」)のことばっかり書いていて、自分のことはあまり書いていないわたし。昨日は「元気なじじい」こと父のことを書いたら意外にも反響が・・・。

 

そしてフェイスブックでは「堀澤さんはどんなお仕事されているんですか?」といまさらながらメッセージをいただきました。(ん〜プロフィールとか人は見ないのね)えっと、ちゃんとお応えすると「建築士」です。

rainha-rie10.hatenablog.com

 

ここの(はてな)でも再三お話しているのですけどねえ。他人からすればきっと「いいね!!」だけして中身は見ていないし、読んでもいないのでしょうね。なのでたまに名刺交換で「リフォームのお仕事しています」というと「女性でですか?」といまさらながらびっくりされます。

 

今回も来年に定年退職をされるご夫婦からリフォームのご依頼をいただきました。父の代からずっと「古俣工務店」で仕事をしてきたので「ボニタプライアです」というと電話を切られそうになりました(笑)

 

そして「社長さんお願いします」⇒「社長はわたしです」「・・・・」こんなやり取りが続いてやっとお仕事のお話ができました。けれどまだまだ信用がないようで、お話の最後にやはり「お父様によろしく」と。

 

いまや女性の社会進出は進んでいるというのに、それはないよ〜と思いましたけどね。少しずつ「女性の建築士さんだったから頼みました」というのも増えてはきていますが、仕方ないです。まだまだ建築業界は男性社会です。

 

とくに年配の方は「女性では頼りない」と思われるようです。先日も水道業者さんとお客様との打ち合わせでお客様はずっと男性の水道業者さんが社長だと思って話していたそうです。

 

でもねえ。キッチンなどの水回りのリフォームって、実際に台所でごはん作ったり、お風呂やトイレの掃除をしたことのない男性に設計を依頼しても、使い勝手とかどうなのでしょう・・・と思うことも。

 

メーカーのデザイナーには女性もたくさんいます。けれど実際に営業するのは背の高い男性がほとんど。よく来る営業さんにはときどき聞きます「ごはん作ったりするの?」って。(意地悪かしら・・・)

 

リフォームは「リフォームしたら使い勝手が悪くなった」では、せっかくのリフォームが台無しです。なのでわたしは「女性だから、あなただからお願いしたい」と言ってもらいたいので、いいものを長く使ってもらえる家造りをしたいなって思っています。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/