読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

所有する物件が今後空き家になる可能性?

f:id:rainha-rie10:20160729154612j:plain

所有する物件が今後空き家になる可能性?

 

増える空き家、「スラム化」する老朽マンション 撤去費用を支払うのは誰か・・・。こんなニュースが飛び込んできました。

 

関東のお話ですが、築年数が古い物件で、ご近所からも苦情がくるほど建物が老朽化していたそうです。持ち主も高齢で物件を解体するにも大金を要するために放っておいたようです。

 

しかし、老朽化した空き家は見た目だけではなく、倒壊の恐れもあって危険です。以前にも空き家についてはここでお話しましたが、空き家というと田舎に多いと思われがちですが、実は都会のほうが数が増えています。

 

国や地方自治体もこうした事態に補助金や助成をして、解体や保存に力をいれていますが、なにしろ持ち主がみつからない。持ち主がいても入院していたり、高齢者だったり、連絡がつかないことも。

 

せっかく国や自治体が空き家について検討しているのに、持ち主がいない場合は放っておかれることもあります。もう何年も人が住んでいなかったり幽霊屋敷になっている物件は地域の景観にも影響がありますね。

 

ニュースに書かれていたコラムを読み進めると最後に「あなた自身や家族・親戚が所有する物件が、今後空き家になる可能性を感じますか?」という質問があります。こんなタイトルだとちょっと不安になりますよね。

 

気にして見ると意外と身内の持ち物に古い物件があるものです。長く放置しておくと手がつけられなくなる場合もあります。どうしていいかわからない場合は自治体に相談してみることをオススメします。

 

参考までに・・・。

増える空き家、「スラム化」する老朽マンション 撤去費用を支払うのは誰か - Yahoo!ニュース

news.yahoo.co.jp

 

rainha-rie10.hatenablog.com

 

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/