読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

家造りやリフォームで工務店の見積を見るポイント

住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リフォーム

f:id:rainha-rie10:20160625132812j:plain

家造りやリフォームで工務店の見積を見るポイント

 

工務店と見積り

工務店を選ぶ時に見積りを数社に依頼して比較する人がますが、単純に安い方がいいと判断しないほうがいいでしょう。 それぞれの金額に理由がありますが、一般の人にはその妥当性がわかりません。

 

つまり、見積りの内容はわからないのです。 自分が準備している予算と住宅の内容だけで判断すればいいでしょう。 口コミで工務店の比較をする時に、見積り金額の差がどこから来るのかわからない人もいるでしょう。

 

ホームページなどで見積りの見方が書かれています。 ただ、具体的な内容が異なりますから、自分の場合に単純に当てはめられないのです。 それではどうすればいいでしょうか。

 

見積りを取らないことです。 大手ハウスメーカー工務店では数百万円の差が一般的です。 使っている材料も違いますし、工法も違います。 技術レベルは大手ハウスメーカーの方が高いかもしれません。

 

しかし、工務店は地元に密着した企業ですから、気軽に相談できる点が一番のメリットです。 見積り金額も安いはずです。 注文住宅のおおよその価格は見積りでわかりますが、細かい部分は会社が決めることです。

 

また、見積りに含まれていない部分についてもチェックしておきましょう。 住宅が出来上がってから、追加料金が発生しないようにしなければなりません。 口コミサイトでは施工例の見積り金額が掲載されています。

 

地域によって価格差はあるでしょうが、目安にするといいでしょう。 まずは資金をどうやって調達するかを考えるようにするといいでしょう。

 

工務店の注意

工務店選びで注意したいことを考えてみましょう。 まず、家を建てる場所から近いところの工務店を選ぶことです。 一般的には一つの町に数件の工務店があります。 これは不具合等があった時にすぐに来てくれる点が大きなメリットとなります。

 

新築でもリフォームでもそれは同じことです。ちょっと修理してほしいと思ったときに遠くの業者ではフットワークよく動いてもらえるかわからないからです。

 

大手ハウスメーカーの場合は、ちょっと距離がありますから、敬遠する人が多いのです。 それから、会社の規模ではなく担当者や社長の態度や考え方も重要です。 直接会って話をする中で、だんだんとわかってくることでしょう。

 

事務所の雰囲気も重要かもしれません。 いいものを作りたいと考えている工務店は態度や顔つきが違います。 一口に工務店と言っても得意不得意があります。 オールマイティにできる工務店の方が少ないと考えるべきです。

 

見積りを作成する時も、別の業者に問い合わせたり、検討したりすると時間がかかります。 工務店が複数になる場合は、メインとなる工務店に取り仕切ってもらうことが大切です。

 

そうしなければ責任の所在が不明確になってしまいます。 あなたの希望を最大限に取り入れたとしても、どうしても予算や間取りの関係で実現できないこともあります。 そんな時には別の提案をしてくれる工務店が評価は高くなります。

 

口コミサイトでも自分がわからなかったことを指摘してくれるところもあるようです。 要するに人間性の問題なのでしょう。 口コミサイトでは価格だけで判断してしまい結果的に後悔してしまった例もあります。

 

家を造る。リフォームするということは大きなお金のかかる買い物です。人生で一番大きな買い物の家をしっかりと作り上げましょう。

 

工務店のトラブル

注文住宅を工務店に依頼する時にトラブルとならないようにするための注意事項を紹介しましょう。 まずは見積りを明細までもらうことです。 明細とは材料の数量や単価、作業毎の金額が書かれた見積りのことです。

 

弊社では明細をこまかく書いた見積書を作成しています。そうすることで作業する工務店自身も仕様書として使えるからです。

 

全体的に合計金額だけが書かれていると、その具体的な内容がわかりません。 後で追加料金が発生したと請求されても、最初の全体の見積りに入っていたかどうか判断しようがないのです。

 

見積りをきちんと作ることができない工務店は仕事も大雑把になる可能性が高いでしょう。 会社全体の雰囲気が影響しているのです。 インターネットで工務店の評判を見てみましょう。

 

工務店とのトラブルになった例がたくさんあります。 大幅な値引きをしてくる工務店もいます。 そこまで値引きができるなら見積りは何だったのかと考えてしまうほどです。

 

どうしても仕事が取りたいと赤字覚悟で値引きをしている可能性もありますが、それは途中で倒産するような危険性があることになります。 家を建てる時にはいろいろな制限事項があります。

 

それは法令ですから遵守することが当然です。 それを無視して施工を始める工務店がいるのです。 消費者にはメリットでも工務店側にはメリットがない法令を無視する傾向にあります。

 

 

確かにお客様は値引きをたくさんしてくれる業者は良い業者と思うかもしれません。CMなどでも「◯◯◯円で家が建つ」と謳っている業者がいますが、はたしてあなたの希望どおりに建てることができるのでしょうか。

 

資材を輸入したり、材料を制限されたり、施工人員の給料を削減したりして、結局は下請け業者を泣かして安く作ろうとしていることが見え見えなのです。そんなことでいいものが作れるとは思いません。

 

結果的に消費者が被害を受けるのです。 このような行為を当然のごとく行っている工務店は決して利用してはいけません。 契約をする前に見抜く知恵が必要です。 地元の口コミ情報を集めることも重要ですね。

 

つづきは次回に〜

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/