読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

高齢者が住まいに関する助成や融資を利用して新潟でリフォームするには?

f:id:rainha-rie10:20160527130607j:plain

高齢者が住まいに関する助成や融資を利用して新潟でリフォームするには?

 

新潟市では様々な住まいに関する助成や融資を行っています。今の住まいのリフォームや修繕・改修などについて一定の基準を満たせば助成や補助を申請することができるという制度です。

 

助成や融資は建物だけではなく、以下のように浄化槽や駐車場に至るまで数種類あります。パソコンをお持ちのかたは新潟市のホームページでも確認することができます。(スマホでも確認できます)

助成制度

f:id:rainha-rie10:20160527120214p:plain

融資制度

f:id:rainha-rie10:20160527121555p:plain

このようにたくさんの種類があるのです。以前に新発田市のリフォームの助成金についてもお話しましたが、新潟市でも同じようなリフォームの助成や融資を行っています。その一部をご紹介します。

 

パソコンをお持ちでない高齢者の方や障害をもっていらっしゃって身体が不自由でインターネットなどの環境が無い方には同居されている方や親戚・ご友人の方が、ご本人にお知らせくださるといいですね。

 

●高齢者向け住宅リフォーム助成

身体機能の低下した65歳以上の高齢者が自宅で安心して生活できるように、浴室やトイレ、階段などを改造する場合、費用の一部を助成します。

・対象世帯(一世帯一回限り)

介護保険法の要介護1~5、要支援の認定を受けた65歳以上の高齢者がいる世帯で世帯員の前年の収入合計が600万円未満の世帯

・対象住宅

対象者本人が現在住んでいるか、工事完了後にすみやかに住む見込みの住宅

・改造箇所

居室、浴室、トイレ、玄関、廊下、階段、台所などで対象者の方の日常生活改善に直かかわる改造工事が対象になります。

f:id:rainha-rie10:20160527121735p:plain

●高齢者介護予防リフォーム助成

高齢者のけがを防ぎ、介護を必要としない生活を続けられるよう、住宅の改修をするの工事費用の一部を助成します。

・対象世帯

介護保険法の要介護・要支援認定で「自立」と判定された65歳以上の高齢者がいる世帯で、対象となる高齢者の介護保険料が第4段階以下の世帯。

・対象工事

対象者本人が現在住んでいるか、工事完了後にすみやかに住む見込みの居宅内の手すりの取付、段差解消工事。

f:id:rainha-rie10:20160527121812p:plain

障がい者向け住宅リフォーム助成

重度心身障がい者が安心して生活できるように、ご自宅の浴室やトイレなどで、障がを補うための改造工事を行う場合、費用の一部を助成します。

・対 象

身体障害者手帳1、2級または療育手帳「A」をお持ちの方がいる世帯で、前年の世員の収入合計が600万円未満の世帯。

・対象住宅

障がい者本人が居住する住宅。

・対象工事

障がい者の日常生活改善に直接関わる工事 

f:id:rainha-rie10:20160527121834p:plain

なお、融資制度についての詳しい問い合わせ先は新潟市の各区の健康福祉課(高齢介護係・障害福祉係・児童福祉係)及び取扱い金融機関で確認することができます。

 

もちろん、弊社でもご相談や申請手続きの代行をさせて頂いております。お気軽にお声掛け下さい。

住まいに関する助成や融資を利用して新潟市でリフォームするには?

次回はその他の助成についてお話します。

 

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。新潟市すまいの融資・助成制度の概要(平成26年8月現在)(PDF:358KB)

 関連する記事はこちら↓です!!

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/