読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

二世帯住宅のリフォームで費用を安く抑える方法

f:id:rainha-rie10:20160514222509j:plain

二世帯住宅のリフォームで費用を安く抑える方法

 

リフォームの考え方

同じ家に長く住んでいると、いつかはリフォームしたいと思うでしょう。 決して安くありませんから、リフォームに対する考え方をしっかりとしておくことが大切です。 目的をはっきりさせて、どんな工事が必要になるかを決めましょう。

 

新築の時から傷んでしまった部分を改修するならば、畳替え、クロスの張替、外壁の塗装などが考えられるでしょう。 安全性や居住性を改善したいと考えているなら、間取りを変更したり断熱材を貼り付けたりすることになるでしょう。 間取りを変更したいこともあるでしょう。

 

家族が増えて、部屋数を増やす場合や二つの部屋を一つにすることも考えられます。 間取りの変更では柱や壁を移動させることになりますから、大掛かりな工事となってしまいます。 それだけ費用も掛かります。

 

二世帯住宅を検討するケースもあるでしょう。 二世帯と言ってもいろいろなパターンがあります。 簡単なバリアフリーで済む場合もありますし、玄関を広げたり、キッチンを二つにしたりすることもあります。

 

費用については余裕を持っておくことが大切です。 計画段階では費用が賄えると考えていても、リフォーム中に改修した方がいい場所が見つかることもよくあります。 現代の工法を採用することによって、安全性や快適性が高まることも考えられます。

 

自分たちは知らなくても工事業者が提案してくれるかもしれません。 複数の業者に見積もりを依頼しましょう。 また、マンションなどの場合、リフォームに制限がある場合もあります。 あらかじめ確認しておきましょう。

 

リフォームの情報

 リフォームをするなら、会社の比較をすることが肝心です。 まずはインターネットでリフォームの情報を集めましょう。 全国の住所を選んで、その地域にあるリフォーム会社をピックアップしてくれるサイトがあります。

 

電話帳から探すよりも確実です。 リフォームと言っても、様々なパターンがあります。 会社によって得意不得意があるのです。 二世帯住宅を手掛けている会社なら、二世帯住宅で押さえておかなければならないポイントを教えてくれるでしょう。

 

大きな会社なら人手も豊富ですから、期間を短縮することも可能です。 逆に小さな会社は小回りが利きますから、トータル費用で安くなる可能性もあります。 費用はできるだけ抑えたいと考えるでしょうが、リフォームの計画をしっかりとしておかなければ予算オーバーになってしまうでしょう。 家族で計画を立てましょう。

 

リフォームの事例を見ることで、どのようなリフォームが自分たちの家に合っているかを知ることができます。 希望ばかりを考えていると、費用はうなぎのぼりです。 予算内でできること、できないことを見極めることが大切です。

 

複数の業者に見積もり依頼をして、それからまた検討すると言う考えもあります。 期間に余裕を持っておくことも大切です。 リフォームの内容によっては長期にわたってしまうこともあります。 最近注目されているのは耐震リフォームや省エネリフォームです。 これらには専門的な知識も必要となります。 どこの会社でもできることではありません。

 

リフォーム費用を安く抑えるには

同じようなリフォームでも費用を安くすることを考えなければなりません。 知らないと損をしてしまうことにもなるでしょう。 どのような方法で費用を抑えることができるのでしょうか。 簡単な方法としては導入設備のグレードを下げるとか、工事の範囲を絞り込むことが考えられます。

 

ただ、計画に反して意外と高い費用になってしまう可能性もあります。 安く済ませようとして逆に高くなってしまうケースもあります。 どこがポイントかを知っておかなければ高いリフォームになってしまいます。

 

高くついてしまうリフォームの例を上げてみましょう。 まず、標準規格から逸脱している寸法が必要となるケースは少なくありません。 入り口を広く取りたい、窓を広げたいと思う時に、間取りにピッタリの寸法を希望するでしょう。 しかし、メーカー標準品にはない寸法を指定すると、特注品となり費用を高くする原因となります。

 

費用を抑えたいのであればできるだけ標準で済ますことが大切です。 それから、複数の業者が作業するパターンは狭い部分のリフォームでも高くなります。 水回りや増築の場合は、材木の工事、外壁工事、内装工事、基礎、屋根、ガス工事、水道工事と業者はバラバラです。 人の手がたくさん必要になるのです。 当然高くなります。

 

二世帯で住む場合には、高くつくことが多いのですが、二世帯としてどの部分が必要なのかを見極めることが大切です。 ケチってはいけないところと妥協すべきところを区別することです。 そのためには二世帯住宅の目的を家族でよく話し合って明確にしておくことが大切ですね。

 

リフォームの悩み

日本の住宅は木造が基本ですから、20年ぐらい経つといろいろなところが傷んできます。 また、家族構成も大きく変わり、リフォームしたいと考える人は少なくないでしょう。 ただ、簡単にリフォームと言っても費用は無視できない金額になりますから、しっかりと計画を立てることが大切です。

 

ここが一番悩ましいところです。 まずは家族でどの部分をリフォームすべきかを考えましょう。 二世帯住宅を考えている人なら、そのための必要なことを絞り込みましょう。 おじいちゃんおばあちゃんと一緒に住むために必要なリフォームを考えてみましょう。

 

浴室は毎日使うものですから一番重要かもしれません。 高齢者が安全に利用できるタイプを選びましょう。 出入り口の広めに取っておくことで、車いすなどでの移動が可能となります。 また、寒い冬場でも脱衣場を暖かくする暖房器具も販売されています。

 

費用と予算の兼ね合いでどこまでの設備を整えるかを決めます。 浴室とキッチンとの間にインターフォンを付けておくと、ちょっとした時に会話ができますから安心です。電話機の子機を置くなども緊急時には役に立ちますね。 浴槽には手すりを付けることも忘れないようにしましょう。

 

リフォーム会社では二世帯住宅を手掛けたことがあれば、常識として知っていることがたくさんあります。 それらを提案してもらうのもいいでしょう。 二世帯住宅を考える時にはその費用を両親からある程度補助してもらうことも悪くないでしょう。 ただし、他の兄弟に了解を得ていないと、遺産相続の時にトラブルとなるケースもあります。

 

二世帯住宅や親世帯の住宅を息子夫婦がお金を出してリフォームするという事例がとても多いのですが、兄弟姉妹がいる場合はきちんとお金の出処をはっきりしておかないと後々に相続で揉めることにもなります。

 

リフォーム費用の比較

リフォームの費用を比較して、どれくらいが妥当なのかを考えることが大切です。 もちろん、どのようなリフォームをするかによって費用は変わってきますが、目的を明確にするようにしましょう。

 

費用だけを考えて、本来の目的が達成されなければ意味がありません。 二世帯住宅を快適にするためにどのようなリフォームができるのでしょうか。 両親の年齢によっても必要なリフォームは変わってきます。 手すりだけがあればいい人もいますし、車いすでの移動が必要な人もいるでしょう。

 

最近は耐震リフォームが注目されるようになってきました。 二世帯住宅ではさらに安全性を高めることが求められています。 太陽光発電設備も人気ですね。 将来にわたって、電気代を節約できるのですから、そのメリットは大きいでしょう。 家族が希望するリフォームについて、しっかりと話し合いましょう。

 

ただ、バラバラ希望ばかりを出すと、収拾がつかなくなります。 費用とメリットのバランスを取ることが大切です。 老朽化している家屋なら、その補修を最優先に考えましょう。 リフォーム業者を比較して、安いところを選ぶことも大切ですが、リフォーム後のメンテナンス費用も考慮しておかなければなりません。

 

家はずっと住み続けるものですから、短期的な視点だけでは見落とすことがあります。 二世帯住宅は家族間の付き合い方をどう考えるかによってリフォームが変わります。 お互いの距離をどの程度取るかがリフォーム内容となります。

 

二世帯住宅のリフォームで費用を安く抑える方法として一番大切なことは・・・

そこに住む家族の考えを一致させるためにしっかりとした計画をたてて、最低限なにが必要なのか?リフォームの中身によっては大きなお金が動きます。家族でよく相談してから経験のある業者に依頼するようにしてくださいね。

 

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

公式サイト

https://bonitapraia.com/

facebook

https://www.facebook.com/bonitapraia/