子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

トイレが近いのを理由にトイレにこだわってます

f:id:rainha-rie10:20131124140825j:plain

リフォームのなかでは小さな面積ですが、一番使う場所でもあり、地震の時には安全な場所でもあり、リフォームするときには自身が一番こだわりたい場所の一つである「トイレのお話」です。なんでトイレなのか?は続きを読んでいただければと思います。

 

「トイレが近いのを理由にトイレにこだわってます」

仕事の合間や、ちょっとなにか小腹がすいてつまみたいときに、愛犬との散歩がてらでも、よく利用させていただいているのがコンビニのトイレです。コンビニにかぎらず、スーパーやガソリンスタンド・ホームセンターや大手家電屋さんや本屋さんに、ペットショップでもトイレをお借りすることは多いです。

 

子どものころから「トイレが近い」というのも、トイレをたくさん利用する理由の一つではありますが、建築のお仕事をはじめたころから少しずつ、「なんかこのトイレちがうんじゃないか?」「ええ??これって寸法まちがいじゃないの?」とトイレに座ってみて感じることが多くなりました。なので「トイレが近い」ことをいいことに数々のトイレにお邪魔させて頂いております。

 

トイレにはチョットこだわりがあるので、どこに行っても覗きたくて利用させていただいています。とくにコンビニは多く利用しているかもしれません。最近のコンビニではトイレも男女別であったり、女性専用もあったりで、一度ならずも二度三度と足を運んでみたりします。きれいに掃除がゆき届いていて。女性グッズも置いてあって、さらにはトイレットペーパーの位置が絶妙にいい感じだと何も買うつもりがなくても買ってしまうくらいにテンションがあがります。


人にやさしい建築とは・・・こうゆうちょっとした心使いだといつも思っています。気持よくお客様が利用できて、使い勝手もよくて、掃除している人や、管理している人の心使いが感じられるトイレ。家のなかでも一番使う場所ですね。トイレをきれいに掃除して、お客様も安心して利用してもらうことをちゃんと考えているお家やお店って。どこか安心感がかんじられます。

 

スゴイ!!すごすぎる!!と思ったトイレは渋谷のヒカリエですかね〜。有名どころですよね。各階のトイレが一つ一つ違っていて、とくに女性にはもうそこでお昼寝もできちゃうくらいに広くて、なかでお弁当まで食べている人もいました。そこまでではなくてもキレイなトイレや変わったトイレは洗面器も含めて必ず写真も撮らせてもらっています。

 

f:id:rainha-rie10:20131124141126j:plain


「また行きたいな」って思うような。思わせてくれるようなトイレはいいですね。なので一般的に普通の住宅をリフォームするときも。お掃除のしやすいクロスや床材をオススメしています。もちろん。トイレットペーパーの位置は(ここにはこだわりたいので)座っていただいてから決めるようにしています。

 

ホテルのように広いトイレが好きな人。落ち着ける狭いトイレが好きな人。さまざまであっていいと思います。ですが、たかがトイレ。されどトイレだと思っています。お住まいの中で一番小さな空間。だけど一番多く使う場所だし、そこは個人のプライベートな空間なのです。十分にこだわって作っていきたーーーーい。

(ささやかな願いです*^^*)


そうそう。いろんな意味でおもしろい本です。

トイレに興味がなくても楽しく読めちゃいます^^;

・トイレの便器や壁紙を張り替えるときは

ボニタプライアは新潟でリフォームを女性建築士が提案します。

bonitapraia.com

新潟でリフォームならボニタプライアの女性建築士がご提案いたします

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/