子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

高齢者を対象とした「通話録音装置」

f:id:rainha-rie10:20160107173824j:plain

 

年末年始は県外からお子さんが帰省してきたり、親族が集まる時期です。クリスマスやボーナスなどでお金が動く時期でもあります。昔はお年玉をもらう立場でしたが、いまとなってはもっと子どもをたくさん産んでおくのだったと後悔するほど、お年玉は出て行く一方です。

 

年が開けてあっという間に1週間です。こんなに時間が早く感じるようになったのも年をとったからでしょうか。家族には80才を超える高齢の祖父母がおります。無事に新しい年を迎えられたことに感謝しつつ、何事もなく過ごせていことに日々喜びを思います。

 

しかし、高齢者のいる家庭では昼間に仕事に出掛けて居る時などは、電話に出られないほどの高齢ではないかぎり、なにかないかと心配はつきものです。

 

通話録音装置ってしっていますか?怪しいネーミングですよね。浮気防止とかの装置ではないです。

   

ニュースなどでは少なくなってきているとはいえ、オレオレ詐欺はいまだ消滅はしていないです。オレオレ詐欺架空請求詐欺・融資保証金詐欺・還付金等詐欺等の特殊詐欺での2014年度の被害総額が、約565億5069万円にもなっているそうです。

 

2015年1~6月の期間では被害額236億5000万円という数字が発表されています。これだけの人や金額がいまも被害にあっているということです。わが家も電話がきたことは何度かあります。祖父母は毅然とした態度で対応したと聞いています。

 

そこで、通話録音装置ってしっていますか?「通話録音装置」は、着信時に振り込め詐欺を抑止する音声が流れし、通話を自動録音する装置です。警告音声と自動通話録音により犯人が通話を断念し犯罪を未然に防止することができる装置です。

 

高齢者と同居している身としては利用しない手はないと思い、いろいろ調べてみました。

 

一般にも市販されていて1000円台のものから数万円するものまで多種多様です。オレオレ詐欺は高齢者に電話をかけて騙す手口がほとんどですね。たとえ家族が近くにいても騙されるケースもあるようです。

 

年をとっていたら耳も少し遠くなり、息子や娘の声が聞き取り憎いこともあるでしょう。いつも注意しているのに、簡単にニセ電話を受けてしまい、電話口でモタモタしている間に言いくるめられて銀行まで行ってしまったという事例は数百とあるのです。これを防ぐために考えられたのが通話録音装置です。

 

新潟市にお住まいの65歳以上でアンケートに回答できる方に、市ではこの通話録音装置を無料で貸出しています。自宅の電話機に工事不要で簡単に設置できます。(機器を設置するにあたり、電源が必要になります。)高齢者を対象とした「通話録音装置」モニター募集するというわけです。

 

 

利用の際は電気料金がかかりますが、メーカー保証外の修理は利用者の負担です。新潟県が別に運用している通話録音装置が設置されている世帯に対しては、貸し出しはできませんし、黒電話には取り付けできない場合がありますので確認が必要です。

 

ご自宅に高齢者がいらっしゃる方や遠方で新潟にご両親がいらっしゃる方は通話録音装置を設置してみてはいかがでしょう。「うちは大丈夫」「わが家に限ってそんなことない」と思っていませんか?

 

脅かすわけではありません。「備えあれば憂いなし」で、こういって行政の制度を利用して、大切な家族や無くなっては困る預金を守ることが大切です。

 

電話一本で家族の安全・安心が手に入れられるとしたら・・・。今日はそんな通話録音装置のお話でしたが、人事では思えないので、お知らせした次第です。もしかしたら新潟市以外に住まいの方も貸出制度があるのかもしれませんね。

 

詐欺にあってから「知ってれば防げたのに」にならないためにもご近所の方にも教えていただければと思います。

 

 

申し込みは新潟市役所コールセンターに電話で直接申し込みとなっています。

電話:025-243-4894

 

期限が平成28年1月15日(金曜)までとなっているので早めに申し込む必要があります。

 

機器は平成28年2月22日(月曜)に発送となっています。

 

今回はニセ電話を撃退するための新潟市の高齢者を対象とした「通話録音装置」モニター募集についてのご紹介でした。

 

 

 

こちらは市販の通話録音装置です

 

 

新潟でリフォームをお考えならボニタプライアでご相談下さい。女性建築士目線でリフォームをサポート。新潟で理想の住まいの提案中。