子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

高齢者にとって安心で健康によい暖房器具とは?

f:id:rainha-rie10:20161024155214j:plain

高齢者にとって安心で健康によい暖房器具とは?

 

朝晩は暖房器具にたよることが日に日に増えてきましたね。暖房器具は電気を利用するものが多い理由のひとつは、電気代の節約がメインではなく高齢者対策だと言われています。 つまり、石油ストーブなどは火事の危険性があるからです。

 

冬場の寒い時期は高齢者にとっては健康面で非常に厳しい環境です。 わたしの祖母はお風呂上がりに髪の毛が濡れたまま、さむい部屋のコタツの向こう側で心臓発作をおこして倒れ、翌日に発見されました。

 

あのときに、ちゃんと暖房器具を家族がえらんで設定しておいてあげれば・・・。悔やまれます。なので、高齢者にとっては暖房器具は命を守る必須アイテムと考えてよいと思います。 もちろん、電気代を節約することは大事なことです。

 

しかし高齢者の場合は安全と健康をまず第一に考えなければなりません。 高齢者は寒さに弱いだけではなく乾燥でも体調を壊してしまう場合があります。 電気式暖房器具であれば、空気を汚すこともなく、火事の心配もありませんね。

 

なので、部屋の中でじっとしている時間が長い高齢者に適した暖房器具を選びたいものです。 注意したいのは電気ストーブなどの局所を暖めるタイプの暖房器具です。 電気ストーブはスイッチも簡単で、すぐに暖まることができます。

 

しかし、その前面に居続けると火傷をしてしまいます。高齢者は厚着をしている方が多く、洋服を焦がしてしまったり、注意していないと最悪は火傷をしてしまうこともあります。

 

したがって、高齢者には電気毛布などの柔らかいぬくもりを与えてくれる商品を選定したいものです。 自分で熱さを感じない場合もありますから、周りの人が設定温度もこまめに調節してやることが大事です。

 

高齢者の寒さ対策として注目されているのが浴室暖房です。 お湯の中に入ると暖かいですが洗い場はかなり寒いことが多いでしょう。脱衣室も同じです。 高齢者にとってこの寒さは命取りとなります。

 

 

わたしの祖母もそうだったように。高齢者はたくさんの服を着ていたりして、着替えるのも時間がかかります。せっかく湯船で温まったのに、脱衣室で湯冷めしたりするかもしれません。

 

トイレも同じですね。 最近はトイレ専用の暖房器具も販売されるようになりました。わが家はトイレには暖房器具を置いています。人感式で人がいなくなると消えるタイプのものが消し忘れがなくおすすめです。

 

高齢者だけではなく、心臓に疾患を持っている人の場合は急激な温度差に気を付けなければなりません。暖房の効いている部屋から寒い廊下やトイレへの移動のときには特に注意が必要です。

 

蓄熱式の暖房器具を置くなどして、ドアや壁にさわっても「ヒヤッと」しない環境をまわりにいる家族が作ってあげることが大切ですね。一人暮らしの場合にはセルフタイマーの付いたものを選んであげるといいですね。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/