読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

すべらない床材のサンプルを【限定15名様】に無料でプレゼントします!!

f:id:rainha-rie10:20160718150823j:plain

住まいの床材はすべりやすくなっていませんか?

家の中ではペットも人間と同じように生活します。とくにすべりやすい床は犬にとっては歩きにくいものですね。さらに、無理して歩き続けていると関節疾患の進行を早める原因にもなります。

 
床のすべりの問題だけを考えると、じゅうたんやカーペットがベストです。しかしメンテナンス性はもちろんのこと住まいとしてのデザイン性も考慮したいところです。フローリングの家の場合はすべり止めワックスが市販されていますので活用するといいでしょう。
 
また、床材でも一般的なフローリングに比べてクッション性がある素材やオシッコのしみ防止や床面のキズ防止に効果的なものもあります。ちょっとした工夫で踏み込み時の衝撃を適度に緩和し、体重の重い大型犬や運動量のある犬にとっても歩きやすくなっています。
 
床材を変えることで身体への負担が少なくなるとともに、小さいお子さんやお年寄りや体の不自由な方にとっても安心ですね。
 
ちなみに、床材についてのご質問がありましたので・・・。
 
その中でコルクのジョイントマットはどうなのでしょう。という質問が多かったのでそのことについてです。
 
ジョイントマットはホームセンターなどでも手軽に購入することができます。しかし犬が勢い良く走ると外れることがあるので現物をみて接合部のしっかりした物を選ぶとよいでしょう。
 
メリット
使っていて汚れても汚れた部分を張り替えるだけでいいです。
足に負担が少なく犬はとても走りやすそうです。
 
デメリット
床や畳のうえにジョイントマットを敷くとダニが発生するのでダニ防止策も最初からやらないとです。コルクに犬の毛が刺さることがあります。(特に短い毛)汚れは犬より人の足の方が汚すようです。人はスリッパまたは靴下を常時着用しましょう!
 
コルクのジョイントマットは手頃ですが、消耗品です。普通の床に比べて靴下でも滑りにくい床材があります。新潟市助成金の対象にもなっているこのすべらない床材のサンプルを【限定15名様】に無料でプレゼントします。
下記公式サイトもしくはフェイスブックからお申し込みくださいね。
メールでもかまいませんよ〜。bonitapraia@gmail.com