子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

住まいの寒さ対策について

ひとくちに住まいの寒さ対策といっても、どうしたら良いものかお困りの方も多いのではないでしょうか。

有効な寒さ対策といっても一概にこれが絶対に効く!というものはありません。

住まいが全て同じというわけではないからです。

いくら暖房をつけても解消できない寒さに頭を悩ませている方も多いことでしょう。

効果的な寒さ対策には、どういった方法があるのでしょうか。

すきま風が室内に入ってきて寒いという声が、冬場は多くなります。

窓周りの対策をしっかりすると、家の中に吹き込んでくる冷気を予防でき、なんとなく寒いということがなくなります。

窓周りの対策で、すぐに使える小わざを見ていきましょう。

すぐにできて安上がりなのが、梱包時に使うプチプチシートです。

これを窓枠に貼るだけでも、断熱効果を期待できます。

カーテンがついている窓なら冬場だけカーテンの丈を伸ばして窓をすっぽり隠してしまいましょう。

一時的なことなので、わざわざ長いカーテンに買い替える必要はありません。

裾に新しい布をつければOKです。

窓周りを完全にガードしたいという方には、すきま風をほぼ完全に断絶できるアイテムがあります。

通販サイトで販売している「窓際あったかボード」は、窓とサッシからくる冷たいすきま風をシャットアウトしてくれます。

サッシに沿ってボードを設置すると室内の暖かい空気は外に逃がさず、外からの冷たい空気も入らないようにブロックしてくれます。

窓を含め、すきまから外の冷たい冷気が入ってきそうなところを守ってくれるアイテムはこの他にもあります。

ドアからの隙間風対策や、窓全体の結露対策としても使えるシートなど、寒さの入り口をストップしてくれる寒さ対策グッズは、市販品で簡単に手に入ります。

すきま風をブロックすれば、暖房の温度を低く設定しても大丈夫な暖かさを保てます。

低予算で工夫をすることで室内の寒さ対策は簡単にできて暖房費も節約できるのです。