子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

新潟で賃貸住宅をお持ちのオーナー様に朗報です。

住宅セーフティネットの募集が4月30日付けで発表されました。

弊社は昨年の実績もあり、オーナー様より、感謝の言葉を頂いております。

外壁工事となると多額の費用がかかります。足場を組むだけで数十万円となるでしょう。

年月が立つ物件はどうしても、外壁などが傷んできます。しかし、外回りの工事になるとなかなか踏み切れない。

傷んだままにしておくと入居率は悪くなり、建物にとっても良くありません。


入居者は外観を見ます。もし、ボロボロな外観に入居したいとは思わないでしょう。どんなに内装が良くても、たとえ家賃が格段に安くても・・・

外観はとても入居者にとっても大変重要なポイントなんです。だから外観を綺麗にするだけで入居率が上がったのです。

今回その外観を綺麗にする補助金です。

この補助金は様々な書類の整備や細かい決まりごとがあります。当然ですよね。国のお金を頂くわけですから、審査も決定も厳しいです。年々厳しくなっています。


しかし、弊社はその実績をしっかりと積んで来ています。弊社に依頼をしていただければ書類整備や細かい基準をクリアできます。


国のお金を使わせて頂くとその多くが不正受給が後を絶たないのも現状です。

受付はある基準をクリアすると受付はしてくれます。しかし、経験のない会社ではお金がおりない場合も多くあるのです。

住宅セーフティネットの主な内容です。

工事代金の1/3を補助してくれる制度となります。上限は空室1戸当たり1,000,000円です。
3戸あれば、最大3,000,000円の補助です。

空室がなければ対象となりません。全体の工事代金が300万円であれば、100万円、国からの補助が出ます。その補助は返済の義務はありません。

申請するまでの書類整備と工事完了、そして、支給請求など多くのオーナー様に対応ができません。ですので、新規募集は3件とさせて頂きます。お問合せ順の対応となります。


もう一度、言います。
工事代金の1/3が国から支給されます。

外壁を直して入居率を上げるという制度です。しかし、1戸でも空室があれば、補助金の対象となります。

最大で、1戸当たり100万円までしか補助されません。3戸空いていれば、最大300万円が補助として支給される可能性があるということです。

あなたの物件に空室があれば、対応できる可能性が非常に高くなります。そして、3件までしか受付していません。

6月頃までには補助金がなくなる恐れがありますので、お早めのご連絡を下さい。この補助金は今年が最後となる予定です。ゴールデンウィーク中でも電話は受け取れる体制となっています。


今すぐにお電話をお待ちしております。
025-261-6010 


お電話の際は、ブログを見たと言って頂けるとスムーズにお話ができます。