子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

初フライト〜第2弾!!

少し前にももが初めて飛行機に乗ったことをこちらで書きました。

初めてのことでしたので行きも帰りも飼い主の私のほうが緊張するありさまでした。

行きのことについては前回にお話しましたので今回は後半をお話しますね。

帰りは千歳空港からの搭乗です。新潟空港はセキュリティチェックが意外ときびしくてゲージに入れる毛布やもものお気に入りのぬいぐるみまで厳しく検査されましたが。

空港によって違うのですね。千歳空港ではゲージはそのままスルーされて中に入れるものもそのままノーチェックでした。

「ええ〜っ!!」ですよね。今回はLLサイズのゲージを用意してくれたのでももは我が家で使用しているゲージごと「ポン!」と中へいれられました。

案の定さよならしてからはももの鳴き声が空港中に響きます。
後ろ髪を惹かれる思いでわたしも搭乗しました。

飛行中は揺れも少なく新潟についてからは待つだけでしたが・・・。

ここからがハプニングです。到着して荷物も受取。ももが出てくるのを「今か!今か!」と待てど暮らせどこない!!のです!!

近くにいたANAのスタッフに行って見てきていただくことに。

5分・・・・10分・・・・ようやくスタッフの方がカートで連れてきてくれました。

ところがです。ゲージごとANAのゲージに入れたところをそのスタッフは知りません。

ゲージの外し方すらわからない始末です。

私は千歳空港でも見ていましたし。そのゲージはペットショップでも見かけるゲージでしたのですべてのボルトを二人ではずして。

もものゲージをとりだして。ようやくご対面〜!!でした。

飛行機でわんこを旅させる・・・あまり経験が無い方も多いと思います。今回はANAを利用させていただきましたが。

スタッフの方も専門ではないのに汗をかきまがら一生懸命にやってくださってこの場をお借りしてお礼申し上げます。

普段わんこを飼っていればなんともないことなのでしょうけど。ゲージの中に敷くものやお水のこと。

なにか合った時の対処の仕方など。きっとまだまだ課題は沢山なのでしょうけど。

飛行機に乗ったり知らない土地で毎日を過ごしたり。逢ったことのないわんこたちと友達になったり。私も「もも」もいい経験をしました。

新潟に無事に帰ってきて毎日を元気に過ごす様子を見ていると。いろいろあったことが今は笑い話として話せます。

今度行くのは年が明けてからになるでしょうか。

まだまだ二人の旅は続きま〜す。