読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

ウォッシュレットの語源

たまたま見たテレビでトイレの話を耳にしました。
トイレ空間アドバイザーの私としてはこれは語らずにいられません。

普段何気なく使っているトイレですが。
名前の由来を聞いたことがありますか?
実を言う私もこのテレビを見るまで知りませんでした。

「ウォシュレット」はTOTO株式会社の登録商標です。
TOTO以外の製品は「ウォシュレット」とは呼びません。

INAXの同製品は「シャワートイレ」と言いますし
一般名称としては「温水洗浄暖房便座」です。
そうです「ウォークマン」がSONY製品のみを指すのと同じです。

その「ウォシュレット」英語表記では "Washlet" ですが
この名前の由来をご存じでしょうか?

その響きとか英語表記からして"Wash + Toilet" で
「ウォシュレット」かと思われがちですが実はさにあらず。

"Let wash" 「さぁ、洗おう」が由来なんです。

「レットウォッシュ、レットウォッシュレットウォッシュレットウォッシュレット」

で「ウォシュレット」なんです。

これは当時の東陶本社で宣伝だったか広報だったかの課長だった
重岡洋昭氏がテレビで言っていた話なので氏が嘘をついていない限り本当の話です。

日本の誇るトイレ文化をたまにはしっかり見つめてみるのも一興かと。
この次は北九州市にあるTOTOの歴史資料館に行ってみたいです。