子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

県内避難者一万人強

母のところに世田谷に住む叔母から電話がきました。娘や息子夫婦が身を寄せてきたけど、お米が何処にも売ってない。残り4合しかないと。

近くの農協に電話したらありました!早速送りましたが、送る物資があるだけマシと、郵便局の人に言われました。

あるお医者さまから「子供やペットは顔が小さくなっているときは不安なんだよ。そういうときは抱き締めてあげて」そう言えば「もも」も時々一人でお留守番のあとはちっちゃい顔になります。人もわんこも一緒ですね。


支援物資わずかですが家にあるものをかき集めて届けてきました。交通整理から物資の運搬まで「青年会議所」の皆さん。ご苦労様です。
21日まで受付しています。ちなみに会場では物資を運搬する車両の燃料についても募金を募っています。『物資はないけど…募金なら』と言う方にもぜひ!!会場に足を運んでいただきたいと思います。

コスポではわんこも避難できるスペースを確保してくれたそう。嬉しい話です。