子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

自然体でいるって、そんなにむずかしくないことかも。

f:id:rainha-rie10:20170530134408j:plain

自然なものに触れていると、自分自身もしぜんなものしか取り入れたくないと感じている。毎日食べるものは最近は半分以上は自給自足。野菜作って、魚釣りして。でも半分っていうのは調味料とかかなあ。

 

身につけるもの(マニキュアや香水などなど)や身体を洗う石鹸もやめた。シャンプーは毎日しない。大手ハウスメーカーに勤務していたときは、ロングヘアーを毎日毎日巻き髪して、ヘアスプレーなんか1週間でなくなっていた。

 

釣りしてると前髪が邪魔になるので帽子をかぶる。帽子かぶっても後ろが邪魔なので必然的に「ちょこんとしばれるていど」の長さでキープ。お風呂では石鹸もつかわないからもちろんお化粧もやめた。

 

日焼けは気になるけれど、朝イチでお湯で流せるタイプの子供用の日焼け止めを付けるていど。お風呂上がりはなにも肌につけない。これやってから一年半。カサカサしたり、鼻の油とかなくなった。

 

まえなら化粧水つけて、乳液と美容液つけて、さらに寝る前には保湿剤をつけていたけど、すべてやめたら肌の調子がいい。寒くてよっぽどカサカサするときは「ワセリン」を使う。このほうがツルツルするから。

 

冒頭にも書いたけど。食事も変わった。着色料で真っ赤なものとか。保存料たっぷりはご遠慮ねがっている。だいいち外食はほとんどしない。遅くなっても自分で作って、または下ごしらえした冷凍の魚などを解凍して食べる。

 

旬のものだけが美味しく感じる体になってきていると思う。季節のものではないものを口にすると違和感を感じるからかな。これも年齢を重ねたからなのかもしれないけど。余計なものを入れないしつけないから。

 

人との付き合いも変わった。まえは「自分にとってトクか損か」って思って付き合っていたこともあった。だから「嫌な人」とも仕事してたし、「嫌いでも、虫が好かなくても」笑って仕事していた。

 

いまは違う。「嫌な人、嫌いな人、ウマが合わない人」とはつきあわない。仕事だってお断りすることもある。友達もそう。自然と離れていった人もいるけれど。「もうつきあいたくないな」と思った人には連絡しない。

 

SNSの友達もだいぶ整理した。むかしは増やすだけ増やしたり。「いいね」など一生懸命やっていたけど。増えても関係が薄い人は「ごめんなさいと心であやまって削除した。なので、だいぶ身辺整理できた感がある。

 

自然体でいる。ってことばにするのは簡単だけど。なかなか外で働いているとそうもいかない。人と会うにはそれなりに身だしなみもきをつけないとだから。化粧したり、いつもジーパンってわけにはいかないこともある。

 

でも。外で働いていたって、自然体で過ごすことはできる。雰囲気でいうと俳優の斎藤工さんとかそうなんじゃないかな。仕事のときはヘアワックスにドーラン、洋服もおshレだけど。

 

きっと普段はめちゃくちゃフツーの人な気がする。男っていいなあって思う人の1人。さいきん、友人の1人が出産した。彼女ももっとも自然体な人。着飾らず、何もしないけど。とっても綺麗な人。

 

若いころにはできなかった「自然でいること」これからはずっとこのスタンスでいたいなあ。シミやシワもあるけれど。ちゃんと洗って小奇麗にして。そんなおばあちゃんになりたいな。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com