子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

大丈夫?残念なプロフィール写真になってない??

f:id:rainha-rie10:20170527210314j:plain

 

カメラが趣味だということは以前にお話しました。最初は建築物はもちろんですが、海に沈む夕陽やうちのワンコがほとんででした。けれど、頼まれて人物の撮影をすることもあります。

 

こんなにSNSでの情報がいろんなひとにみられている時代。

 

名刺はもちろん大事だけれど。フェイスブックInstagramや、ご自身のブログなどで公表しているプロフィール写真は、どんな風に撮影していますか?いろいろ見ていると、せっかくプロにお願いして撮影してもらっても。

 

ザンネンな場合が多いです。せっかく綺麗に撮影してもらうのなら、できれば背景をちゃんと考えてほしいと思います。「背景ってなに?」「どうゆうこと??」ってなるかもしれませんね。

 

大丈夫?残念なプロフィール写真になってない??

 

「背景」とは。人物のうしろに映り込むもので「串刺し」や「首切り」にならないように配慮することです。たまに見かけませんか?こんな写真。

f:id:rainha-rie10:20170527191957j:plain

 

背景のドアかなにかが彼女の頭に刺さっています。

 

f:id:rainha-rie10:20170527192019j:plain

 

こちらは女のコの後ろの椅子が彼女の首を横切っています。

 

大丈夫?残念なプロフィール写真になってない??

 

これは極端な例ですが、背景が樹木だったり、窓などの模様が薄く写っていても同じように「串刺し」や「首切り」写真になってしまっている場合もあります。

 

専門的にカメラの勉強をしたわけではないですが。プロフィール写真を撮影する場合は、「串刺し」や「首切り」に注意するか。もしくはいろんな場所で撮影をして、こうした写真をえらばないようにすることをオススメします。

 

なぜ「串刺し」や「首切り」の写真が悪いのかというと、諸説ありますが。縁起が悪いのも理由のひとつです。プライベートで撮影して、記念としてとっておくぶんには、なんら差し支えないです。しかし、商業用やプロフィールとなると別です。

ascii.jp

そのほかにも「関節切り」とか「頭カット」などもあります。プロフィールだけではなく、フェイスブックなどのカバー写真も、たまに頭が切れていたり、手や足がきれているのをみかけます。

 

まったくダメだというわけではないですが。「串刺し」や「首切り」はいやじゃないですか?名刺の写真なども、人物が綺麗に撮影されているからといって、背景をちゃんと見て、こういう写真はつかわないように注意しましょう。

 

ずっと使うものではなくても、できればちゃんとした場所での背景や「串刺し」や「首切り」「関節切り」などがない写真を使うほうが見た目にもうつくしいので、次回にプロフィール写真を撮影するときには注意してみてくださいね。

 

rainha-rie10.hatenablog.com