読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

毛布の種類を知って、手軽に家庭で洗濯しよう!! [毛布のお洗濯 1]

f:id:rainha-rie10:20170418102803j:plain

寝具はなにを使っていますか?わが家は息子がアトピーだったので、夏冬一年中タオルケットでした。でも子どもの手が離れてからはだんぜんに毛布派です。一口に毛布といっていますが、毛布にも色々と種類がありますね。

 

あなたが使っている毛布について、どんな種類なのかと少し思いを馳せてみてください。

 

■アクリル毛布

軽くて温かい、最も一般的に使われている類で、リーズナブルですが吸湿性、放湿性には優れていません。 洗濯をしても色や風合いが変わらないため、家庭用洗濯機などでの洗濯が可能です。

 

■綿毛布

肌に優しい素材で、吸湿性・通気性にも優れています。 家庭用洗濯機での洗濯は可能です。一年中用途があります。ちなみにわたしは綿毛布派です。

 

■ウール毛布

吸湿、発散性、断熱性に優れ、サラっとしているのに温かい毛布です。 ウォッシャブルウールであれば、家庭用洗濯機で洗濯が可能です。そうでない場合はクリーニング店へ。

 

■カシミヤ・キャメル入り毛布

保湿性、肌触り共に優れた高級な毛布です。 ただし、家庭での洗濯には不向きで、手入れが若干難しい点もあります。

 

■シルク毛布

美しい光沢があり、肌触りの良い毛布なのですが、紫外線に当たると変色してしまうなど、扱いが非常に難しい生地です。 家庭での洗濯は不可。クリーニングに出す場合でも、技術のあるところを選ぶ必要があります。

 

さてさて、あなたが使っている毛布は、どんな種類のものなのか分かりましたでしょうか? 家庭用洗濯機での洗濯が可能であれば、安心して洗濯できることが分かって頂けたと思います。 でも、自宅洗いが無理な場合は、クリーニングに出しましょうね。

 

毛布を自宅で洗う時に、是非覚えておいて欲しいのが洗濯前の下準備です。 毛布を傷めることなく長く使い続けるためにも、このひと手間はとても大切です。 ところで、あなたは毛布をどのようにお使っていますか?

 

たいていはそのまま使用しているのではないでしょうか。 他の寝具は基本的にカバーを付けて使用していると思うのですが、毛布に至っては肌触りの良さもあり直接肌が触れていませんか?

 

ご存知かとは思いますが、私達は夜寝ているとき一晩にコップ一杯以上の汗をかくといわれています。 また顔の皮膚や、首周りからは皮脂が浮き出てきます。 このように毛布には汗・皮脂・髪の毛・ホコリなどが付着していますので、洗濯をする前には、これらの汚れを取り除いておきましょう。

 

物干し竿がある場合は、毛布を竿にかけて汚れを払い落します。竿が2本ある場合は、毛布をM字状態にかけると払いやすいです。 その他にもコロコロを転がしたり、吸い口をキレイにした掃除機で吸い込ませるのも効果的でしょう。

 

毛布を傷めることが心配な場合は、水を含ませたスポンジを固く絞り、それで毛布の表面を撫でるという方法もあります。 ごっそり取れます。 皮脂などの汚れが目立つ場合は、洗濯洗剤の原液を直接塗ります。

 

洗剤のキャップの底や歯ブラシの背を押しあてながら優しく塗り込むと効果的です。 汚れを払い落としたら、次は毛布をジャバラに折りたたんで、最後にクルクル丸めて洗濯ネットに入れます。

こまかな洗い方については次回で。

 

 この2つの洗剤は、揃えておくといいかも。けっこうなスグレモノです。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/