子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

丸ごとリフォームと、ちょこちょこリフォームの違い知ってますか?

f:id:rainha-rie10:20170408164938j:image

リフォームの情報を発信しているサイトは数多くあって、その中でも大手のリフォームメーカーは丸ごとリフォームパックなども商品として販売しています。

 

確かに丸ごとリフォームの方が「ちょこちょこリフォーム」(一部分のみを数年ごとにリフォームすること。わたしが勝手に名前をつけています。)よりも格段にやすくなることは間違いないです。

 

それにはちゃんとした理由があって、そこを理解していないで「直したい部屋だけリフォームしたい」「そんないっぺんにリフォームするお金がない」って思って、ちょこちょこリフォームしてしまっていませんか?

 

建物のリフォームには内装リフォームと外装リフォームがあります。内装は文字通り「家の中を装飾すること」になります。部屋だけではなく水回りや玄関や階段、廊下もです。

 

では外装はどうでしょう。建物には外側がありますよね。外壁や屋根のことを言います。これがないと建物は風雲にさらされて住むことができないです。屋根の形状や用途によって、使う材料を選ぶことができます。

 

内装工事には壁や天井、床などの張り替えなどが主な工事になります。全部の部屋を自分でDIYするとしたら何日かかるでしょう。

 

クロスの張り替えは、意外にも重労働で、準備もたくさんあります。家具を動かしながらの作業になるので途方もなく時間がかかるでしょう。

 

水回りの新設なども、配管工事が絡むので一気に工事してしまうのと、ちょこちょこでは経費がかかりすぎてしまうのです。

 

外壁や屋根工事もそうです。外壁の張り替えや、屋根の葺き替え工事には足場工事があります。足場がなければ工事ができないです。2階建てしか対応しないのでは?って思っていませんか。平屋でも同じことです。

 

外壁と屋根を別々に工事したら、足場工事は2回になります。ということは、たとえいまはちょっと早いかな?って思っても、別々にやるとお金は倍かかってしまうことになりますね。

 

そのほかにも内装工事も外装工事もクズ処分費などの経費や、材料費ががかかるのです。一般ごみと違って、産業廃棄物を廃棄するにはそれなりの費用がかかります。

 

さて、これらを全部丸ごとリフォームしたら、いまの家が、新築同様になって、また数十年住むことができるとしたら・・・それも新築の半分くらいの金額でです。

 

ところが、全部リフォームすることをしなかったがために、数年ごとにちょこちょこリフォームをしなければならなくなったら。

 

あなたの家はあと何年住めるのでしょう。そして、ちょこちょこリフォームにかかったお金は戻ってはきませんね。

 

今回はこの部屋だけを。次回は屋根を。などと無計画にリフォームをしていると、一回ごとの金額は少なくても、その度に余計な経費がかかるのです。

 

「あのときにまとめてやっておけばよかった」と、後悔しないために。リフォームをしなければいけない時期に差し掛かってから、慌てないように、日頃から計画を立てておきましょう。

 

お金のかかることですから、きちんと計画して、ちょこちょこリフォームをしなくても済むようにしたいものです。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com