子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

リノベーションされた賃貸物件を見るときのポイント

f:id:rainha-rie10:20170328142644j:plain

一般的にリノベーションされた賃貸物件と聞くと、古いけれどおしゃれになった部屋という印象を受けますね。リノベーションは、中古住宅、中古マンションなど既存の物件に大規模な工事を実施して、家として新築の状態よりも性能を向上させるとか、価値を高めることを言います。

 

 

リノベーションと一口にいっても、賃貸物件によってその規模、内容は様々あります。最も一般的に行われるリノベーションとしては、壁紙の張り替え、床材の張り替えが挙げられますね。

 

部屋の印象を変えるのには壁紙の張り替え、床材の張り替えが一番見栄えが変わってわかりやすいです。だれでもまずは、大掛かりな設備工事の前に内装全体をきれいにしようと考えるからです。

 

古い物件では特に畳の部屋をフローリングに変えるケースが多いです。 昔と違い最近は日本でもフローリングが当たり前になっています。 ただ畳を変えるだけでも雰囲気はかわりますが、新築物件のほとんどはフローリング、畳の部屋はほとんどありませんよね。

 

次によく行われるリノベーションは、ユニットバスです。 一昔前の賃貸物件では、ユニットバスが当たり前でバス、トイレが一緒の空間にありました。 しかしこの手のタイプは人気がなく、最近ではバス、トイレが独立しているのが当たり前になっています。

 

そこでリノベーションして、トイレを独立させることで、時代のニーズにあった求められる部屋へと変わるのです。 間取りに関しては、流行りのLDKを取り入れるケースが増えています。

 

3Kを2LDKにするなど、壁を無くして広い空間をつくっています。 その他にも、ガスコンロをIHクッキングヒーターへ設備交換しているケースもあります。 流行の設備を取り入れることで快適に暮らすことができます。

 

リノベーション物件を見るときには、どのような最新設備が導入されているのかもチェックしながら見るといいでしょう。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/