読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

お風呂のカビ退治は日頃の一手間が大事

f:id:rainha-rie10:20170309172651j:image

カビの好きな環境を、お掃除でなくしていけばカビが住みにくい場所になりますよね。 では、実際にどのようにお風呂のお掃除をしておけば、カビを予防することが出来るのでしょうか?

 

カビが好む環境と反対のことをすればよいのですから、お風呂場の中の温度を低くして、湿度が上がらないように乾燥させる、そして、お掃除でカビのエサをなくす、ということがあげられるでしょう。

 

この基本を毎日、心がければ、カビの発生する確率はグンと下がってきます。 そうすれば、カビ掃除にかかる時間も省けますので、是非、カビ対策を今日からスタートさせてみましょう。

 

まず、お風呂の残り湯をそのままにしておくと、湿度が上がってしまいますので、家族で続けて入浴したらすぐに水を捨ててしまいましょう。

 

その際、桶などを使って、洗い場に残ったシャンプー、石鹸の泡などを流して軽くお掃除しておきます。 これで、カビの栄養源となるものを除去できますよね。

 

そして、カビ予防でよく言われていることですが、冷水シャワーで周囲の壁や洗い場、湯船を冷やしながら洗い流します。 これによって、お風呂場の中の温度が一気に下がりますし、汚れを流して掃除することで、アカなどのカビの栄養源をなくします。

 

換気扇をつけるか、窓をあけて、換気をしましょう。 これで、乾燥した状態になるので、カビが住みにくくなるでしょう。 換気扇ですが、ほんの2時間程度では足りません。

 

ずっとつけたままにしておくことをお勧めします。 24時間、換気扇をつけておくと電気代がその分かかりますが、1ヵ月、150円から200円ほどの電気代になります。

 

この金額でしたら、カビ取り洗剤のほうが高いと思いますので、換気扇はなるべく続けてつけておきましょう。 最後に、壁、天井、床などの水分をからぶきで、ふき取ったら終わりです。

 

徹底的に水分をなくしてカビが生きにくくしておきます。 (そこまでやる?って感じですが)さらに、カビ予防をしたい方は、エタノールなどで、週に1回は殺菌しましょう。

 

消毒用エタノールをスプレーしておくと、さらにカビ予防になります。 また、タイル地のお風呂場は、目地にカビが生えやすく、ここにカビが生えるとお掃除も面倒になりますので、予防として蝋をぬっておくとよいでしょう。

 

目地にろうそくの蝋をこすりつけて塗っておくと、水をはじく撥水効果となります。 また、蝋で空気を遮断するため、目地にカビの胞子がある場合は、窒息して死滅するとも言われています。

 

ご家庭にあるろうそくを使って出来る、ちょっとした裏技なので試してくださいね。 では、すでにカビが発生してしまったときは、どのようにお掃除することが理想的なのでしょうか?

 

使う洗剤は、やはり、カビキラーなどのカビ取り剤です。 液だれのしない泡タイプがいいでしょう。液が肌にかからないように手袋を着用しましょうねー。

 

あとは使用方法を良く読んで、時間がたったら洗い流すだけです。できればカビキラーのお世話にならない方法で、かびのない生活を心がけたいものです。

 

次回はお掃除のポイントです。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/