読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

生活スタイルに合ったキッチンのリフォームを成功させるポイント

水回りリフォーム 新潟リフォーム@つぶやき 住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リフォーム マンション インテリア

f:id:rainha-rie10:20170223212756j:plain

一日のうちでかなりの時間を過ごす場所。あなたにとってキッチンはそんな場所ではありませんか?わたしの友人に料理研究家の人がいます。仕事柄キッチンでは一日のうちに大半を過ごすと言います。

 

仕事でなくても、キッチンでは家族の食事やお弁当を作ったり、時には煮込み料理を作ったり。いやだけど、洗い物もしないといけないですね。長く使うには使い勝手も大切です。

 

さて、キッチンをこれまで以上に使いやすくしたいと決めたら、キッチンをリフォームする場合にポイントをいくつかご紹介しましょう。キッチンをリフォームする際には、まず、どんなスタイルのキッチンにするかを決めなければいけません。

 

キッチンのスタイルは他の空間とのつながり方によって、オープンキッチンとクローズドキッチンに分けられます。 オープンキッチンとは名前の通りに、キッチンからダイニングなど他の部屋との間に仕切りがなく、空間がつながっているスタイルです。

 

さらにI型キッチン、対面式キッチン、アイランドキッチンに分けられます。クローズドキッチンとはキッチンを部屋として独立させたスタイルです。ダイニングやリビングからはキッチンが見えません。

 

セミオープンキッチンといわれるスタイルもかなりまえから流行しています。家族の顔が見えて、かつ、一人ぼっちにならないタイプです。これは調理台やシンク前の一部分の壁が開けられていてダイニングとつながっているスタイルです。

 

一部分はオープンになっていても、一応壁でダイニングと仕切られているため、独立性も兼ね備えていますね。マンションや賃貸住宅などの集合住宅に多く取り入れられています。

 

またキッチンの形によってI型、L型、U型、アイランド型などに分けられることもあります。キッチンの形によって動線が大きく変わります。自分の行動パターンを考えて、一番効率のよい形を選ぶことが大切です。

 

最近のリフォームでは家族とコミュニケーションをとりながらお料理できるオープンキッチン、その中でもアイランド型の人気が高いようです。お子さんと一緒に食事を作ったり、パーティなどにはいいですね。

 

キッチンのスタイルにはそれぞれメリット、デメリットがあります。家族構成や生活スタイルを考えて、どんなキッチンが適しているか、優先させたいことは何かを明確にすると、キッチンのスタイルも自然に決まってくるでしょう。

 

ぜひ、あなたの生活スタイルに合ったキッチンのリフォームを成功させてくださいね。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/