子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

腰痛に悩んでいる人は低反発と高反発どっちのマットレスがいいの?

f:id:rainha-rie10:20170217135928j:plain

突然ですが!!寝るときの寝具は「お布団派ですか?」それとも「ベッド派?」あなたはどちらでねていますか?ちなみにわたしは「ベッド派」です。数年前から腰痛で悩んでいます。

 

いままでいろいろ試してみたんだけど。 自分の体にあった硬さのマットレスは、なかなかみつからないもの。 疲れを癒してくれるはずが、逆効果のモノもありますね。 2、3日寝てみないとわからないもの。

 

人にすすめられても、ダメなものはダメ。 なので、どちらかというと、っていうか本当はお布団のほうがいいような気もしています。けれど、あの布団の上げ下げが辛いのと、うちにはワンコがいるのでふだんはベッドが彼女の居場所になってしまっています。

 

昨年はベッドのマットレスを新しく購入しました。整体院で聞くと「腰痛の人は仰向けよりも横向きがいい」らしい。ってことで腰痛にもいいマットレスというのをしっかり選んで購入したつもり・・・。

 

寝るときに使用するマットレスに、低反発マットレスというものがありますよね。 力を入れるとゆっくりと沈んでいき、手を離すとゆっくりと戻っていくやわらかいマットレスです。

 

その他にも最近では「形状記憶」のできるマットレスまで登場しています。今日は低反発と高反発のマットレスについて、ちょっとお話したいと思います。低反発マットレスは寝ころぶと体が沈み込むので寝心地がとてもよいです。

 

寝ているときに体にかかる圧をマットレスが吸収してくれるので、朝起きたとき、腕のしびれがでることなどもありません。 それに、人は寝ている間に寝がえりを何度か打ちますが、この寝がえりを必要以上にしてしまうと、起きたときに疲れが残ってしまいます。

 

けれど低反発マットレスは寝がえりのしすぎを防いでくれるのです。ただし、低反発マットレスはやわらかくて寝心地がよいのですが、耐久性や通気性があまりよくありません。

 

数ヶ月に一度位置を逆にしたり、ぺたんこになってしまわないように上下を入れ変えたり、湿気をとるためによく干したりする必要があります。(いがいに湿気を吸うのです)

 

それに腰痛がある人は注意が必要です。 低反発マットレスは寝ているときに体が沈み込みすぎることがあります。 それが原因で腰痛になってしまうのです。わたしもその1人です。

 

年々、寝ているときのトイレが近くなって、寝返りどころか、なんども寝る位置を変えてしまいます。低反発マットレスは寝心地がよいけれど、腰痛が悪化したり、体に密着するので夏は寝苦しいかもしれません。

 

暑いときに寝苦しかったりすると快適ではありませんね。そんなときに是非試してみてもらいたいのが高反発マットレスです。

 

高反発マットレスは、寝たときに体が沈み込みすぎないので腰痛で悩んでいる人には最適のマットレスです。昨年にわたしが購入したのも高反発マットレスです。最初はなれなくて数日間は変?でしたけど。

 

だんだんと慣れてきて、最近では昔のような「寝て起きても腰がいたい」がなくなってきています。高反発といえどもさまざまな種類が販売されています。実際にお店で寝てみて、違いを比べるといいでしょう。

 

高反発マットレスは最近とても人気があるようです。スポーツ選手も愛用している人が多いと聞きます。腰痛にお悩みの方は、試してみる価値はあるでしょう。

 

 

 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/