子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

高齢者にとっての暖房器具は「命を守る必須アイテム」と考えましょう

f:id:rainha-rie10:20170213115633j:plain

わたしの両親はすでに父が八十を超えて、母も来年には八十になります。外見がとても若い夫婦なので、年齢を言うとびっくりされますが。中身はやはり高齢者なのだと自覚して欲しいところもあります。

 

父はいまだに運転もしますし、仕事で図面も書きます。しかし離れて暮らしていると、高齢だけに火の後始末や、運転にしても遠方はやめて欲しいなど、いろいろな心配もあります。

 

暖房器具は電気を利用するものが多い理由は、電気代の節約がメインではなく高齢者対策だと言われています。 つまり、石油ストーブなどは火事の危険性があるからです。 冬場の寒い時期は高齢者にとって健康面で非常に厳しい環境です。

 

なので、高齢者にとっての暖房器具は「命を守る必須アイテム」と考えてよいでしょう。 もちろん、電気代を節約することは大事なことですが、高齢者の場合は安全と健康を第一に考えなければなりません。

 

高齢者は寒さに弱いだけではなく乾燥でも体調を壊してしまう場合があります。 年齢を重ねると皮膚の水分や油分が少なくなります。空気の乾燥はインフルエンザにもかかりやすくなりますね。

 

電気式暖房器具であれば、空気を汚すこともなく、火事の心配もありません。 まずは部屋の中でじっとしている時間が長い高齢者に適した暖房器具を選定しなければなりません。

 

注意したいのは電気ストーブなどの局所を暖めるタイプの暖房器具です。 電気ストーブはすぐに暖まることができますが、その前面に居続けると火傷をしてしまいます。眠ったしまって洋服を焦がしたりする場合もあります。

 

電気式だからといっても局所は高温になるので注意がいるのです。24時間のプログラムタイマーなどをつけて、毎日同じ時間について、消し忘れもないように設定することもできますね。

24時間プログラムタイマーII PT25

24時間プログラムタイマーII PT25

 

体温調節が上手にできない高齢者にはとくにです。だからこそ高齢者には電気毛布などの柔らかいぬくもりを与えてくれる商品を選定したいものです。

 

自分で熱さを感じない場合もありますから、周りの人が設定温度もこまめに調節してやることが大事です。電気毛布などは一日中つけたままにしておくと、低温やけどの心配もありますね。

 

そして、高齢者の寒さ対策として注目されているのが浴室暖房です。 お湯の中に入ると暖かいですが洗い場はかなり寒いことが多いでしょう。 高齢者にとってこの寒さは命取りとなります。

 

脱衣室や浴室の洗い場を暖めるように工夫することで、高齢者の命を守ることにもなります。リフォームなどでもできますし、脱衣室などは人感式の電気暖房器具を設置するなどでも対処できますね。

 

トイレも同じですね。 最近はトイレ専用の暖房器具も販売されるようになりました。小型の暖房器具で持ち運びのできるものから、設置式の少し大きめのものまで、さまざまな種類があります。

 

高齢者だけではなく、心臓に疾患を持っている人の場合は急激な温度差に注意が必要なのです。暖房している部屋から冷たい廊下に出て、そこからまたトイレに行くなどの場合は、できるだけ温度差が少なくなるように工夫が必要です。

 

まだまだ寒い季節がつづきます。高齢者にとっての暖房器具対策は十分ですか?

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

 

山善(YAMAZEN) セラミックヒーター(1200W/600W 2段階切替) ホワイト DF-J121(W)

山善(YAMAZEN) セラミックヒーター(1200W/600W 2段階切替) ホワイト DF-J121(W)

 

 

  

温波式足温器 デスクスパ 人気No.1 足温器

温波式足温器 デスクスパ 人気No.1 足温器

 

 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/