読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

失敗しない外壁塗装の時期と業者選びのポイント

f:id:rainha-rie10:20170114161322j:plain

外壁塗装の良し悪しを判断することは一般の人には難しいですね。 だからといって、わざわざ専門家に依頼して診断してもらうことは現実的ではありません。 そのため簡単に自分で診断して、外壁塗装をする時期になっているかを知ることができれば便利ですね。

 

インターネットでは塗装業者のサイトに外壁塗装の時期を知るためのチェック項目が掲載されています。 チェックシートのチェックが何個以上であれば、外壁塗装をする時期になっているかがわかるのです。

 

もちろん、これは目安にすぎませんが、チェックシートを利用することで、感覚的にとらえることができるため十分参考になるでしょう。 では外壁塗装の費用はどれくらいでしょうか。 もちろん、塗料の材質によって異なります。

 

長持ちする塗料を使えば、次の塗り直しの時期を延ばすことができますが、安い材料に比べれば費用は高くなります。 どちらを選択するかは依頼する人が考えればいいのです。

 

それでは具体的な診断の項目を紹介しましょう。 外壁にひび割れがある、外壁を触ると白い粉が手につく、壁が色あせている、カビや汚れがひどいなどの項目があります。 いずれも壁が傷んでいることを示しています。

 

もちろん、南側、北側など壁の環境によって大きく異なりますから、家を一周してそれぞれを確認しましょう。 北側の日当たりが悪い場所にはカビが生えているでしょう。 南側は直射日光が当たって、壁にひびが入っているかもしれません。

 

いずれにしても、定期的に家の壁の状態をチェックすることが重要なのです。 すぐにでもチェックしてみてください。 失敗しない外壁塗装を考えると言うことは、これまで多くの人が失敗してきた事例があるからです。

 

外壁塗装にどれくらいの費用がかかるのかはある程度相場を考えればわかります。 しかし、実際に行われている塗装が契約した通りになっているのかを見ることはなかなか難しいですよね。

 

屋根の上がどのように処理されているかは、施工主であっても見ることは簡単ではありません。 そのため手抜きが横行してしまうのです。 ただ、残念なことに、重要なのはそれを手抜きだと思っていない業者がいることです。

 

丁寧な外壁塗装をすることは当然ですし、そのために一定の費用を払うことも当然です。 極端に価格を下げて、契約をしようとする業者がいれば、怪しいと思わなければなりません。

 

通りに面していて、宣伝のために塗装をさせてほしいと業者が話を持ち掛けることがあります。 その話はもっともな気がしますが、実際には税務署に提示した見積は高めに出しているのです。

 

それをいかにも値引きしたと見せかけて見積額を下げてきます。 多くの人が外壁塗装の費用を把握できません。 適正価格がわからないのですから失敗するのです。 自分が失敗したくないと思うなら、インターネットの失敗例をたくさんチェックしましょう。

 

そして、業者を選ぶ時に何を見ればいいかを考えるのです。安かろう悪かろうではないかもしれませんが、 塗装が仕上がってからは何もわからなくなります。 契約時が一番重要なのです。

 

それをふまえて、作業の進め方も適時チェックしておきましょう。くれぐれも外壁塗装の時期に旅行などの計画を立てて「留守の間にやってほしい」は業者の思う壺です。見ていないと、 契約した業者と実際に作業をする業者が違っていることも少なくありません。

 

脅かすわけではないですが、あまりにも騙される消費者が多いので、大きな金額のかかる外壁塗装は、安易に考えて失敗しない対策をとってくださいね。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/