子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

窓際から屋内に入ってくる冷気をシャットアウトするスグレものとは?

f:id:rainha-rie10:20161227151432j:plain

あなたはどんなインテリアに興味がありますか?おしゃれな家具や棚でしょうか。壁紙を変えたり、緑を飾るかたもいるかもしれませんね。しかし日本の冬の時期はなんといっても寒いのはあたりまえ。なのにガマンしている・・・なんてことも。

 

住まいを彩るインテリアの要素で欠かせないものといえば、「カーテン」もその一つです。 このカーテンでも、寒さ対策をすることができます。 カーテンは窓につけるものなので、特殊な加工をしていなくても断熱の効果があります。

 

窓際から屋内に入ってくる冷気をシャットアウトし、屋内の暖かい空気が外に逃げないようにしてくれます。 より暖かさを保つコツは、日中と日が落ちる前のタイミングでの、こまめなカーテンの開け閉めです。

 

日中はカーテンを開け、暖かい日光をお部屋に入れましょう。 太陽の高さが低い冬場は、留守中の部屋の奥まで陽が入り込みます。日光でつくった暖かさのベースを保つために日が落ちる前には閉め、外に暖かい空気が出ないようにします。

 

このひと手間が、より暖かさを保つコツです。 さらなる保温効果・断熱効果が欲しい方は、特殊加工を施したカーテンをつけてみましょう。 このようなカーテンは「断熱カーテン」「遮熱カーテン」と呼ばれますが、実は断熱と遮熱では意味が違ってきます。

 

簡単に説明すると、「断熱・・熱の伝導を防ぐこと」「遮熱・・熱を遮ること」となります。 つまり、熱がどこかにいってしまわないようにするのが断熱で、遮熱は熱をシャットアウトすることをいいます。

 

冬場は断熱カーテンをするのが良いでしょう。 もちろん、カーテンは窓の内側につけるものなので、遮熱カーテンでも効果が全くないわけではありません。 防寒カーテンとして遮熱カーテンを販売しているところもあり、メーカーや品番によっては、遮熱でも十分に寒さ対策ができるものもあります。

 

店員さんに現状を伝えて選んでもらうことをお勧めしますが、通販サイトで購入する場合や、お店に行ってもじっくりと聞いている時間がない中で買うのなら、保温性を高めて熱伝導を防ぐものがいいでしょう。

 

お部屋の中の暖かな空気をより確実に逃したくないなら、断熱カーテンの方が効果的といえるでしょう。 断熱カーテンをつければ、暖房費も抑えることができます。特殊な加工がされているものは、洗濯のときには注意が必要です。

 

カーテンのこまめな開け閉め、または防寒カーテンなどの特殊加工されたもので窓際からくる冷気を防ぐのが、暖房コストを下げられる寒さ対策としては有効です。そう入ってもすきま風は入ってくるものです。

 

明日はそんなお話です。今年も残すところあと二日です。寒さに負けないあったかグッズでお過ごしくださいね。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/