子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

床暖房は床全面に暖房器具を取り付けるって思っていませんか?

f:id:rainha-rie10:20161205114955j:plain

リフォームを機会に床暖房を取り入れたいと考えている人は多いのではないでしょうか。リフォームでは畳の和室を床に変更して洋室にしたり、廊下との段差をなくすためにバリアフリーにするケースが多いです。

 

そのため「どうせ床を変えるのなら床暖房にしたい」という希望がでてくるのです。床暖房のメリットは他の暖房器具と比較するとわかります。ご存知かもしれませんが、 空気を暖めるタイプではありませんね。

 

そのうえに水蒸気の発生がありませんし、部屋全体を効率よく温めてくれます。欠点としては床下に暖房のための設備が必要となりますから、新築時に取り付けるかリフォームするしかないことでしょう。

 

床暖房には大きく分けて電気式と温水式があります。 電気式は床下にヒーターを設置するタイプです。 設置コストは安くなりますがランニングコストが高くなります。 温水式は温めた温水を床下に通すための配管が必要となります。

 

設置コストは高くなりますが、ランニングコストを抑えることができます。 特定の部屋だけに床暖房を取り付けることもできます。 カーペットを分厚くしたものと考えればいいでしょう。 もちろん電気式です。

 

温水式の床暖房は1日中暖房しているような施設などで利用します。 一般家庭での利用は少ないと考えていいでしょう。燃料は電気・ガス・灯油などがあり、最近ではハイブリッド式もあります。

 

近年登場した床の上に直接貼り付けるタイプの電気式床暖房の場合は、床の高さが2センチ程度高くなってしまいますから、他の部屋との段差を考慮しなければなりません。 それを考えるとリフォーム時の設置が一番スマートです。

 

床暖房は床全面に暖房器具を取り付けるわけではありません。 部屋の四隅や家具を置いている部分を温める必要はありませんから、それらの配置を考慮して床暖房を設置します。 

 

次回は「床暖房のメリット」についてです。

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/