読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

トラブルが起きた時の責任について確認しておきましょう

リノベーション リフォーム リフォームの豆知識 中古住宅 住まいの気になるところ 新潟リフォーム@つぶやき 空き家問題について

f:id:rainha-rie10:20161121125555j:plain

どうしても工事をすると想定外の事が起こったりして問題が起きてしまう事も有ります。この時、家の持ち主が責任を取るのか、業者側が責任を取るのかと言う問題でトラブルになる事も少なくありません。

 

その為にリフォームの契約をする際には業者との契約書をきちんとチェックする様にした方が良いのです。契約書を見てみると、こうしたトラブルについての事項もきちんと記載されているはずです。

 

工事中に起きてしまったトラブルの際にどういった保証をしてくれるのか、工事が終わって住み始めてから起きてしまったトラブルについてどういった保証をしてくれるのか確認をしておきましょう。

 

そしてリフォーム業者と何かしら話し合った際にはどういった事をいつ誰と話したのかと言う事をメモしておく事をおススメしたいと思います。どうしても口約束で「言った言わない」の世界になってしまうと話が進まなくなり、最悪の場合リフォームが中止と言ったことにもなりかねません。

 

こうした事を避ける為にも、工事の事について話が出た際にはメモを残しておく様にしましょう。

 

また次に責任と言う事についてですが、リフォーム工事中は責任と言うのは業者側に出て来ると思いますが、リフォームが終了して家主が住み始めると責任が家主側に発生してしまう事は充分に有ります。

 

使い方が悪かったせいで壊れたとかそういった場合も有るからです。この為に完成して引き渡しの際に、充分にチェックをしてから引き渡してもらう事もトラブル回避になりますので行っておきましょう。

 

ちなみに、納得のいくように引渡しのときに十分に施主様といっしょに確認して、その内容によってはその場で修繕できるもの、後日にやってもらうもの。それらを書面で残しておくこともお忘れなく。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/