読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

リフォームをしなくてはいけない築年数とは?

f:id:rainha-rie10:20161121131948j:plain

家を建てたら「リフォーム」はいつかは考えなくてはいけない事です。特に壊れても老朽化もしていないけれども、デザインを替えたいから替えると言った考えで行うリフォームもありますが。

 

壊れたり老朽化したりする事で生活に支障をけ出すから直さなきゃと言う考えで行うリフォームと2種類あります。せっかく持ち家を購入したとしても、何十年も住んでいたら家だって老朽化するのは当たり前で、色々壊れたり不具合が出たりする物です。

 

ですから最低限生活に支障を出さない位のリフォームを行って少しでも快適に自分の家で暮らしていける様にすると良いと思うのです。では大体築年数がどれ位経ったらリフォームをしたら良いのでしょうか。

 

せっかく買ったのに5年位でリフォームする事になっては、家のローンも残っているのに何だか切ないと思ってしまいますよね。でも業者に言わせてみると大体5年位を目安にして一度業者に見せてチェックしてもらうと良いと言うのです。

 

必ず5年でリフォームしなくてはいけないと言う訳では有りませんが、チェックしてもらう事で早めの修繕が出来て費用もそれだけ抑えられると言う訳です。

 

更に家を購入する時に何十年保証というさまざまな保証制度もありますので、それも上手に利用して保証してもらう様にしてあげると良いと思います。

 

保証がある内は建ててもらった業者に依頼して修繕してもらう様にしましょう。何年経ったからリフォームと言う様な事ではなくて、私達の健康診断と同じ様に定期的にチェックしてもらって悪い所は早めに直してもらうと言う様な感じにしていきましょう。

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/