子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

さまざまな理由で家を売らなければならなくなったとき。

f:id:rainha-rie10:20161110175037j:plain

さまざまな理由で家を売らなければならなくなったとき。

転勤や、引越などその他の理由で住宅を売らなければならなくなった場合、どうゆう売り方があるでしょうか。具体的には任意売却と競売の二つの方法があります。 どちらもこれまで住んでいた家を手放すことには違いありません。

 

しかし、どうせ売るならどこよりもより高く売りたいものです。任意売却と競売の二つの方法それぞれのメリットについて考えてみましょう。 全体として見れば、任意売却の方がメリットは大きいでしょう。

 

売却価格は任意売却の方が競売よりも 2〜 3割高くなります。 また、競売では売りに出すことが公表されますから、プライバシーが守られませんね。 売却価格が低ければ引越し費用も賄えない場合もあります。

 

ただし、自己資金の持ち出しはどちらも必要ありません。 競売の場合は、買い手がつかないと競売自体が流れてしまいます。 不動産物件として魅力があるものならいいですが、買っても再販売の目途が立たないような物件は流れることも少なくないのです。

 

また、住宅ローンが残っている場合には売却によって住宅ローンを支払わなければなりませんから、ある程度の金額を確保することが大事です。 任意売却や競売を経験したことがある人はそれほど多くありませんよね。

 

ローンが大変だから家を売る。しかし家を売るよりももっと仕事をして収入を増やすか、住宅ローン以外の支出を抑える努力をするからです。 無駄使いをなくせば、かなりの効果があります。 もちろん、教育費や医療費など削ってはいけない費用もあります。

 

家族が生活していくためにできることはたくさんあるのです。 家を売らなければならなくなった人の多くは、家計のことにそこまで注意を払っていなかった場合が多いです。家を売るという最終判断をする前に恥をしのんで親戚に相談するなどをしてからでも遅くはないかもです。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

 

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/