読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

これを知っておくと便利 [不動産を取得したときの税金について]

f:id:rainha-rie10:20161031084711j:plain

これを知っておくと便利 [不動産を取得したときの税金について]

空き家や中古住宅を購入して、リフォームやリノベーションをしたいという方が増えてきています。住宅購入には税金がかかります。不動産を取得したときの税金はどんなものがあるのかご存知でしょうか。

 

印紙税国税)(契約書を交わすとき)

売買契約を結ぶときには契約書を作成しますが、このときにかかるのは印紙税です。

 

登録免許税(国税)(登録を交わすとき)

土地や住宅を取得すると、自分の権利を明らかにするために登録をしますが、このときにかかるのが登録免許税です。

 

不動産取得税(地方税)(取得したあとで)

土地や住宅を買ったり、住宅を新築、増改築したときには、不動産取得税の対象となります。

 

所得税の住宅ローン控除お呼び投資型減税(国税)(所得税の確定申告のとき)

税金は納めるのが通例ですが、中にはもどってくるものもあります。それが住宅ローン控除及び投資型減税という所得税の特別控除です。取得したときという範疇ではありませんが、現在住んでいる住宅の増改築とか、省エネ改修工事、バリアフリー改修工事を行った場合、耐震改修工事を行った場合、多世帯同居改修工事等を行った場合の税額控除も所得税の税額控除ということになります。

 

贈与税(国税)(住宅取得資金の贈与を受けたとき)

住宅を取得する際に、親や親戚の人などから資金の贈与を受けたときには、贈与税の対象となります。

 

相続税国税)(相談したとき)

相続や遺贈によって、土地や住宅などの財産を取得したときには、相続税の対象となります。

 

ざっとあげるとこのような種類の税金がかかります。しかしながらこれらの税金については、特定の場合には税金が軽減されます。また、以上の税金のほかにも、住宅を至徳または新築したときには消費税が課税されます。

 

いかがでしたでしょうか。空き家や中古住宅を購入する場合はこのように税金のことも頭に入れて、現金や銀行ローンを用意しなければならないのです。取得する金額以外にも諸経費なども前もって調べておく必要がありますね。

 

税金についての軽減措置などについて次回はもう少し詳しくお話したいと思います。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com 

rainha-rie10.hatenablog.com