子どもやペットにやさしい女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・インテリアや趣味を中心にお話します。

ペットのいる家庭の暖房器具を選ぶポイント

f:id:rainha-rie10:20161027134035j:plain

ペットのいる家庭の暖房器具を選ぶポイント

ペットのいるご家庭では暖房器具はどのようなことに注意すればいいのでしょう。はたして人間と同じ温度でいいのか?人と同じでは熱すぎないのか?イヌやネコはそもそも寒さを感じるのか?悩むところですね。

 

前回はどのように過ごしたらいいかというお話をしました。やはりペットも寒さに弱い子、ハスキーのように強い子といろいろいます。今回は暖房器具の用途別に考えてみたいと思います。

 

エアコンでの暖房

エアコンは部屋全体の温度が温かくなり、人にも寒さに弱いペットたちにも快適です。しかし、エアコンは暖かい風を出して部屋の空気を温めます、人とペットの体感温度の差を考えなければなりません。

 

暖かな空気は上から溜まってきます。人には温かいと感じていてもペットがいる床に近い部分はまだひんやりとしているということもあります。なので時々部屋全体の空気をよくかき回すようにしてあげましょう。

 

そして、できれば温風の吹き出し方向とペットの寝ている位置をよく見て、ペットに風が直接温風が当たらないようにすることで、皮膚の乾燥などが防げますね。

 

 

ホットカーペットとペットヒーターでの暖房

ペットショップやホームセンターでは、ペット専用のカバーのついたシート型のヒーターやホットカーペットが販売されていますね。ペットのために購入するのであれば、ペットの寝具の下に敷いて、寝ているペットが寒くないようにしてあげましょう。

 

このペット用のヒーターを使うときに注意しなければならないのは、直接肌に触れないようにするといいでしょう。ペットが温かすぎると感じたら避けることのできる場所を作っておくことです。

 

なので、ゲージやサークルで飼われている家では、ペットが過ごしている場所いっぱいいっぱいにホットカーペットを敷いていまっては、熱の逃げ場がないので、低温やけどの恐れがあるので注意しましょう。

 

ストーブでの暖房

昔からある暖房器具で電気ストーブや灯油ストーブがあります。直接に火が見える暖房器具ですが、ペットはわからずに近づきすぎて、ひげやしっぽの先の毛を焼いてしまったり、やけどしてしまうことがあります。

 

わたしの家のもも部長も先日やりました。なにかに夢中になっていると、ストーブの前だとか、火が付いているとか。わからなくなるみたいで、しっぽが「ジュッと」なってしまいました。

 

ストーブのような直接熱が出る暖房器具はタイマーが付いていないので、途中で消えたり、ついついつけっぱなしにすることも。周りもチャイルドガードのような柵できちんと囲ってペットが必要以上に近づかないようにしてあげる必要がありますね。

 

コタツでの暖房

猫はコタツの中が大好きですね。いないなあと思ったらいつのまにか高温のコタツの中にずっといたりします。ホットカーペットの上に毛布をかぶせた中に長時間寝ていたりすることもありますね。

 

猫でも熱中症になることがあります。ネコが入っているコタツはコタツ布団の一ヶ所を持ち上げて、熱が必要以上にこもらないようにするなど、温度設定に気をつけてあげましょう。気持ちよく寝ているから安心ではないことに注意です。

 

しゃべれないからこそ低温やけどには注意しましょう。

低温やけどは、低い温度に長時間接しつづけたために生じるやけどのことですね。じっくりと皮膚の深部まで熱が入ってしまうため、ときには重症となり、場合によっては皮膚移植などが必要になることもあります。

 

とくにネコちゃんの場合、年取って温度変化に鈍感になっていたり、ずっと同じ場所で眠ってしまっているときは要注意ですね。ペットヒーターや湯たんぽ、電気あんか、使い捨てカイロなどの使用でも低温やけどがおこることもあります。

 

わたしの家でもやっていますが、直接ペットの肌にふれないように、タオルや毛布などでくるんで使うなどの配慮が必要ですね。(夏の保冷剤もしかりです)

 

ペットは一緒にくらしている人にとっては、とても大切な家族です。せっかくあっためてあげようとした暖房器具によって、怪我したり、体調が悪くなっては本当に心配ですね。

 

物言えぬ小さな命だからこそ。人が。人間が。飼い主さんが。責任をもって、できるだけのことをしてあげてほしいと。心から願います♡

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/