読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

あなたの暮らしにあわせて床暖房を選んでみては?

水回りリフォーム 新潟リフォーム@つぶやき 住まいの気になるところ 中古住宅 リフォーム節約術 リフォームの豆知識 リフォーム マンション ペットとリフォーム

f:id:rainha-rie10:20161019142507j:plain

あなたの暮らしにあわせて床暖房を選んでみては?

 

朝起きたとき、仕事から帰ってきたときに、部屋が寒いとなにもする気がおこらなくなる・・・そんな季節が近づいています。そんなときにあなたならどうしていますか?暖房器具のスイッチをいれてあたたまるまで待つ?わたしならコタツかなあ。

 

けれど、タイマーをかけて帰ってきたころを見計らって温めてくれて、なおかつ安全で空気を汚さない暖房機器だったら。そんな暖房機器ならいいですよね。

 

今日はそんな「床暖房」のお話です。

床暖房というと「足元だけでしょ」と思われがちですが、足元だけでなく、部屋全体を暖める暖房機器としても使うことができます。

 

床から発した熱は輻射熱(輻射による電磁波)によって壁や天井に伝わって表面の温度を上げ、室内に熱を放射します。室内の空気を汚さずに部屋全体を均一な温度で暖めるため、暖房効率が高くて安全なのです。

 

低い温度で設定しておけば、朝起きたときにほんわか部屋全体が温まっていて、ドアや家具に触ったときにも「冷たい!!」という感じがないです。しかも床そのものが暖房機器なので季節ごとの器具の出し入れがなくて掃除もらくちんです。

 

床暖房には温水式と電気式があって、温水式はガスや灯油を熱源として作られた温水を、床下配管のパイプ内で循環させて暖房します。温度のムラが少なく、環境にもお財布にもやさしく、床暖房としては、もっとも使用されています。

 

電気式は、床材にヒーターを内蔵して電気を通す方法です。電気式には床全体が温度センサーのように作用して温度に応じて発熱を抑制して電気代を節約するタイプのものもあります。

 

リフォームで床を張り替える。畳の和室を洋室へと変更するときなど、実際に使う時間帯や面積などを考えて、床暖房の工事も一緒に、あなたの暮らしにあわせて選んでみてはいかがでしょう。

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/