読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォームのボニタプライアの女性建築士 堀澤理恵

リフォーム・建築・インテリアを中心にお話します。

候補を絞って物件を選ぶ5つのポイント

空き家問題について 新潟リフォーム@つぶやき 住まいの気になるところ 中古住宅 リフォームの豆知識 リノベーション マンション

f:id:rainha-rie10:20161013134128j:plain

候補を絞って物件を選ぶ5つのポイント

物件選びのポイント

リノベーションのときには「今現在の法律」に適合するような物件でなければなりません。「既存不適格建築物」といって、築年数が古いと現行の法律に適さないものもあるのです。

 

「既存不適格建築物」は場合によっては「増築」ができなかったり、今の規模よりも小さく「減築」しなければならない物件もあります。せっかく中古物件を購入してリノベーションするのですから「既存不適格」では困りますね。

 

耐震性はどうなのか

耐震性はあるていど図面があれば判断することが可能です。購入を希望するのであれば施工会社の建築士に依頼して調査をしてもらってもいいでしょう。法律では1981年の新耐震基準の条件を満たしたものになります。

 

戸建て住宅の場合は、中古物件のリノベーションの際に耐震工事も一緒に行うことが可能です。現行の法律に見合っているかどうかの判断はプロにお願いしましょう。

 

バリアフリーにこだわるのか?

中古物件はバリアフリーではないことがしばしばです。昔は和室と廊下の段差は当たり前でした。バリアフリーの工事は物件を購入してからでも行なうことができるので、バリアフリーにはこだわらないほうがいいでしょう。

過去のリフォーム履歴は?

中古物件のとくに戸建てでは建物を支える「基礎」や「柱」などの現状を把握しましょう。こうした構造面の不安は購入してからでは心配ですね。過去の屋根や外壁の補修時期の確認をするとリノベーションのときにメンテナンスが必要かどうかがわかります。

 

中古マンションでは管理組合に「長期修繕計画」の実行状況や予定を確認しましょう。定期的に修繕が行われているのか。管理組合が機能しているのか。ちゃんとしているところはトラブルが少ないです。

 

部屋の現状はどうなのか

中古物件を内覧すると、ときどき築年数の古いものは「部屋が汚れている」場合があります。しかし、そもそもリノベーションが目的で購入するのですから、部屋の汚れはある程度目をつぶりましょう。

 

物件の綺麗さよりも大事なのは、立地・広さ・価格です。あまり過度に気にしすぎると、その物件の良さを見過ごしてしまうことにもなりかねません。

 

いい物件ほど、どうしようかと迷っているうちに他に先約がついて、買われてしまうことがあります。リノベーションするには「スピードとタイミング」が大切です。

 

「あなたの理想」とする物件を見つけてくださいね。

 

rainha-rie10.hatenablog.com

rainha-rie10.hatenablog.com

・無料見積もりフォーム

公式サイト⇒https://bonitapraia.com/

facebookhttps://www.facebook.com/bonitapraia/